ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

おでかけ

秋の美濃焼伝統工芸品まつり2018で陶器を安く!駐車場やアクセス・見どころ情報!

更新日:

美濃焼伝統工芸品まつり

岐阜で行われる秋の陶器まつりの一つ、「美濃焼伝統工芸品まつり」を知っていますか?

ちょっとマイナーだけど、陶器好きさん達には人気のイベントなんです。

春と秋の2回あるのですが、ここでは「秋の美濃焼伝統工芸品まつり」についてご紹介します!

秋のさわやかな気候のおでかけにぴったりですよ。

 

 

秋の美濃焼伝統工芸品まつり 2018

まずはイベントの基本情報です。

秋の美濃焼伝統工芸品まつり 基本情報

【開催日】2018年10月27日(土)・28日(日)

【時間】9:00AM〜

【場所】土岐市美濃焼伝統産業会館及び陶芸村周辺(岐阜県土岐市泉町久尻1429-8)

【問い合わせ】美濃焼伝統工芸品祭り実行委員会(電話 0572-55-5527)

詳細 美濃焼伝統工芸品まつり

 

美濃焼伝統工芸品まつりへのアクセス方法

メインの場所は「土岐市美濃焼伝統産業会館」です。(岐阜県土岐市泉町久尻1429-8)

土岐市美濃焼伝統産業会館 マップ

 

電車でのアクセス

◎JR中央線 土岐市駅が最寄り駅です。

JR土岐市駅北口から美濃焼伝統産業会館までは、無料シャトルバスが出ています。

 

車でのアクセス

◎東海環状自動車道「五斗蒔スマートIC」から約2分

◎中央自動車道「土岐IC」から約15分

車で行く場合は、美濃焼伝統産業会館をナビの目的地にするといいですね。

 

美濃焼伝統工芸品まつりの駐車場

メイン会場である美濃焼伝統産業会館の駐車場は、イベントブースなどの設置で使用することができません。

会場に行くまで(県道84号を北上していく途中)の道の両側にある空きスペースが、臨時駐車場になります。数箇所ありますが、係の人が立っているのですぐに分かると思います。

まずは、会場に向けて行きましょう。そして、その間に空いている臨時駐車場があれば停めるというのが良いですね。

会場まで行くと、その先には臨時駐車場はないので、Uターンをすることになります。

 

この道沿いの臨時駐車場がいっぱいで入れない場合は、五斗蒔特設駐車場に停めて、シャトルバスでの移動になります。

場所は五斗蒔スマートIC交差点の西側です。

 

わたしが行った時は、道沿いの駐車場がすべて満車でした。

しかたないので会場を過ぎた所でUターンをして、五斗蒔の臨時駐車場にいこうとしたところ、ちょうど道沿いの駐車場が空いたので入れました。

案外入れ替わりが早いので、タイミングが良ければ近くに停めることができます。

 

家族でおでかけ

 

美濃焼伝統工芸品まつりの見所

見どころをいくつかご紹介します。

 

美濃焼伝統工芸品がお買い得

メイン会場の美濃焼伝統産業会館内では、普段はお高い美濃焼伝統工芸品が、お祭りのときには奉仕価格になっています。もちろん見るだけでもうっとり。

また、窯元販売コーナーや、青年部が作成した工芸品もあり、こちらもググッとお安く買えるのでぜひチェックしてみてください。

会館内で5,000円以上買い物をすると、抽選で伝統工芸品が当たります。

 

伝統工芸品・大窯元市(テント市)

外の道にはテント市が並んでいます。数は多くありませんが、陶器ショッピングが楽しめます。

陶器まつりの白テントって、なんであんなにワクワクするんでしょうね?大好きです!

 陶器

 

陶芸村の工房めぐり

美濃焼伝統産業会館から奥に道を進んでいくと陶芸村があり、工房がいくつかあります。まつりのときは工房が開放されて、陶器もお安くなっています。

自然の中をぶらぶらと歩きながら見るので、健康にもいいし、秋の気候の良いときなので、気持ちいいんですよ。

スタンプラリーもあり、工房をめぐってスタンプを集めると、くじが引けます。わたしは箸置きが当たりました。

 

その他イベント

これ以外にも

  • 物産展
  • 伝統工芸士によるワークショップ
  • 野点大茶会 

他、たくさんのイベントがあります。

 

ランチ・食事

一番のおすすめは、1,500円の豚汁と味ご飯です。ご飯茶碗つきです。たくさんあるご飯茶碗から、あなたの好きなものを選ぶことができますよ。

また、おそばや五平餅、唐揚げなどもあるので、ランチやおやつの心配はありません。

茶碗

 

 

↓まつりの様子はこのビデオを見るとよくわかりますよ〜。

 

美濃焼伝統工芸品まつりを楽しもう!

美濃焼伝統工芸品まつりはちょっぴりマイナーなため、来ている人は本当に陶器が好き!という人が多いです。

メジャーな陶器まつりと違い、人でぎゅうぎゅうということはなく、ゆっくりと陶器を見て回ることができるので、とってもおすすめです。

また、自然が多い場所なので、気分的にも癒やされて、リフレッシュできます。

ぜひ秋のおでかけに加えてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

 

-おでかけ
-

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2018 All Rights Reserved.