おでかけ

ブルーボネットでお花を楽しもう!アクセスや駐車場情報、見どころ!

ブルーボネットでお花を楽しもう!アクセスや駐車場情報、見どころ!

名古屋市港区にある「名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」を知っていますか?

可愛いお花をたくさん楽しめる野外の施設です。案外穴場です。

わたしも行ってみたのですが、とても癒やされる空間でおすすめです!

 

この記事では、「名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」についてご紹介します。

アクセスや駐車場、見どころなどがありますので、あなたもぜひ参考にして行ってみてくださいね!

 

 

名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネットとは

ブルーボネット 園内

ブルーボネット(正式名称は名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット)名古屋港にある、お花を楽しめる野外の施設です。

敷地内には季節にあったお花が植えられており、自然の中を散策するような感じです。すぐ横は海で、潮風を感じることもできます。

開放的で心が癒やされる空間になっていますよ〜。

ブルーボネット 基本情報

【開催日】毎年3月1日〜12月25日まで(12月26日~翌2月末日は休園)

【時 間】
3月1日〜11月30日⇒9:30〜17:00
12月1日〜12月25日⇒9:30〜16:00

【休園日】
毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は翌日)
名古屋みなと祭開催日
会員限定及び臨時イベント開催日
冬季(12月26日~翌2月末日)

【場 所】〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地

【入園料】
大人:300円、65歳以上:200円、小中学生:150円、6歳未満:無料
障がい者・付添人(1人):200円、小中学生障がい者:100円
※JAF会員は10%の割引あり

【駐車場】無料

公式サイト 名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

 

ブルーボネットへのアクセス

車で行く

  • 伏見・栄からクルマで約30分!名古屋高速利用なら約23分
  • 伊勢湾岸自動車道名港潮見ICを降りて約5分!四日市IC・岡崎ICから約30分!
  • 名古屋高速4号東海線船見ICを降りて約5分!

スマホなら上のgoogleマップを使って経路検索すると簡単です。

ナビなら「ブルーボネット」「名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」等で検索してください。

 

家族でお出かけ

駐車場

駐車場は、ブルーボネットの入口正面にありますので、すぐにわかります。

かなりの台数が停められるようになっています。無料なのも嬉しいですね。

 

バスで行く

ブルーボネットに行くバスがあります。バス停は南エリアにあり、歩道橋をわたってすぐです。

  • 市バス新瑞橋発14系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約32分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。
  • 市バス金山発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約35分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。
  • 市バス神宮東門発19系統「ワイルドフラワーガーデン」行き(乗車時間約30分)「ワイルドフラワーガーデン」下車、徒歩約3分。

 

水上バスで行く

せっかく名古屋港に行ったなら、水上バスを利用するのもおすすめ!

  • 地下鉄 名港線「名古屋港」駅より徒歩約5分。「ポートビル」より約10分。
  • あおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩約5分。「水上バスのりば」より約20分。

 

スポンサーリンク

 

ブルーボネット内の様子・見どころ

ボネットちゃんブルーボネットのキャラクター ボネットちゃん

 

22のガーデン

チケット売り場の建物を出ると、大きな庭に入り込んだ感じになります。

敷地内には22のガーデンがあって、それぞれテーマがあるので、ゆっくりあるきながら、色とりどりのお花を楽しめます。

何も見ずにまわってもいいですが、マップを見ながら回るのがおすすめです。各ガーデンの説明もかいてあります。

特に見どころなのは、一番おくに進んだところにある「ワイルドフラワーの里」です。季節ごとにいろいろな花が咲き乱れるお花畑が楽しめます。(咲いていない時期があるので、確認するといいです。)

 

イベント

園内ではいろいろなイベントが催されています。

行ったときに、チケット売り場でその日のイベントを確認するのがおすすめです。

 

ランチ・お茶

園内にはレストランが1件あって、ランチやお茶などができます。

ブルーボネットには飲食物を持ち込むことができませんので気をつけてくださいね。

お弁当を持っていく場合は、ブルーボネットから出た横にある海ぞいの広場か、南エリアで食べることができます。(チケットを見せれば再入場可能です。)

 

ブルーボネット園内

 

休憩

公園内にはベンチがたくさーーーーん設置されています。

疲れたら座ったり、気に入った花の近くで座ったり。ゆっくりゆったりできますよ。

また、サニーハウス内にも座るところがあります。

 

ギフトショップ

チケット売り場のあるセンターハウスには、ガーデンショップ「ボネット」があります。

ガーデン系の小物・雑貨やお花の苗があります。

どれもとっても可愛くて、なのに値段は安めで、買い過ぎちゃいます。

見ているだけでもとっても楽しいですよ〜。

 

トイレ

建物内にきれいなトイレがあります。

 

ブルーボネット まとめ

ブルーボネットって冬の間はやっていないし、場所が名古屋港の観光エリアとちょっと離れているので、名前は聞いたことがあっても、行ったことはないいう人も多いと思います。

それもあってちょっと穴場的な存在になっているので、ゴミゴミしておらず、個人的にはとってもおすすめです。

敷地はそんなに広くないですが、きれいな花をゆったりと楽しむことができますよ。

もちろん名古屋港水族館などの観光地とのはしごも楽しいですね。

あなたもお花が好きなら、ぜひ行ってみてくださいね!

 

 

-おでかけ

© 2020 ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵