仕事

ハローワークと求人サイト、仕事探しにはどちらがおすすめ?【就職】

ハローワークと求人サイト、仕事探しにはどちらがおすすめ?【就職】

「新しく働き口を探したいな。」

「転職したいからいい仕事をみつけたいな。」

そう思ったときに、頭に浮かぶのが、「ハローワーク」と「求人サイト」だと思います。

さて、どちらを利用するのが良いのか、知りたいですよね。

 

そこで、この記事では「ハローワーク」と「求人サイト」の特徴や、メリット・デメリットなどを見ていきたいと思います。

これを知っておけば、あなたにより合ったほうを利用して、より快適に仕事探しができるはずですよ。

ぜひチェックして、ストレスなく仕事を探しましょう!

 

 

ハローワークで仕事を探す

ハローワークで仕事を探す

 

ハローワークとは

普段わたしたちは「ハローワーク」と呼んでいますが、正式名称は「公共職業安定所」といいます。

お仕事を紹介してくれる国の公的機関ですね。

 

ハローワークのメリット

  • 公的機関なので安心して利用できる
  • 無料で仕事を探せる
  • ハローワークだけでなく家でもネットで検索できる
  • ハローワークのみの求人がある
  • 係の人と対面して相談ができる
  • 各種サポートがある(職業訓練・履歴書の書き方ほか)
  • ママさん専門のマザーズハローワークがある

 

公的機関なので安心して利用できる

ハローワークは厚生労働省の管轄の公的機関です。

ですから仕事探しの場所としては、怪しいことは全く無く、安心して利用することができます。

一度でも会社をやめたことがある人ならば、失業保険の手続き等でハローワークに行くように言われたことがあると思います。

このように、ちゃんとした国の機関なので、不安になることがないのがいいですね。

 

無料で仕事を探せる

ハローワークの利用はもちろん全部無料です。

専用の器械での仕事探しや、職員さんとの相談なども、一切お金がかからないので、安心して仕事探しに集中できます。

 

ハローワークだけでなく家でもネットで検索できる

ハローワークの仕事は、家のネットでも検索できるので便利です。

アクセスは誰でもできますが、ハローワークカードを使ってログインすると、他の人には見られない仕事もみることができます。

 

ハローワークのみの求人がある

ハローワークで紹介している仕事には、他の求人媒体には出ていないものもあります。

なぜなら、ハローワークへの求人掲載は無料でできるからです。

求人する費用をなるべく抑えたい企業が、ハローワークのみを利用している場合があるというわけですね。

 

係の人と対面して相談ができる

ハローワークの一番のメリットは、係の人と相談ができることですね。

仕事探しのときって不安ですし、わからないこともたくさんあると思います。

そんなときに、対面で何でも質問できる相手がいるというのは心強いです。

また、たいていは同じ人が対応してくれるので、ハローワークに行くたびに自分の状況を説明しなくてすむので楽です。

 

各種サポートがある(職業訓練・履歴書の書き方ほか)

各種サポートがあることも、ハローワークを利用する大きなメリットです。

たとえば、

  • 履歴書の書き方
  • 面接のコツ
  • ワードやエクセルの使い方講座
  • ほか

いろいろなものがあります。

求職者の状況にもよりますが、基本的なものなら無料で受けられます。

また、より専門的な職業訓練もあり、そちらは有料で受けられます。かなり安い値段設定です。

履歴書に何も書くことがない場合、アピールとして書くこともできます。

 

ママさん専門のマザーズハローワークがある

ハローワークには、子育て中のママさん専用の「マザーズハローワーク」コーナーを設置しているところがあります。

子どもを持つママさんむけの仕事を扱っているので、気後れせずに仕事探しができます。

対応してくれる職員さんも女性ばかりで、ママさんの気持ちがわかるので、相談しやすいです。

 

ハローワークのデメリット

  • 昼間しかやっていない
  • 交通費がかかる
  • 必ずしもいい仕事ばかりとは限らない

 

昼間しかやっていない

ハローワークは昼間しかやっていません。(家の近くだと、8:30–17:15です。)

昼間に仕事をしながら求職活動するのは難しいです。

 

交通費がかかる

ハローワークまでの交通費がかかるのはデメリットです。

すでに仕事をやめてしまっている場合、交通費も馬鹿になりませんからね。

 

必ずしもいい仕事ばかりとは限らない

ハローワークはちゃんとした機関ですが、扱っている仕事がすべてホワイトかどうかは断言できません。

わたしは一度、ハローワークの紹介で面接に行ったことがありますが、求人票の内容よりもかなり悪い条件を提示されたことがあります。

(もちろん条件と違う場合は、ハローワークに連絡しましょう。)

 

ハローワークを使ってみた感想

わたしは数回転職をしており、何度もハローワークを利用したことがあります。

それで感じたことは、とにかく頼りになる!ということです。

新しい職場探しって、とっても緊張しませんか?そんなときに何でも相談できる人がいるというのは、本当に安心できます。

すごく助かるな…と思ったのが、係の人が企業側と連絡を取ってくれることです。

求人票の内容でわからないことや、もっと知りたいことがあったのですが、全部係の人が聞いてくれました。

自分で企業と連絡を取るって質問って、とっても勇気がいるものなので、これはほんとうに良かったです。

面接の日時も電話して決めてくださって、わたしは当日行くだけでした。

他にも、履歴書の書き方を直してもらったり、面接の時の服装の相談にのってもらったりと、お世話になりました。

 

スポンサーリンク

 

求人サイトで仕事を探す

求人サイトで仕事を探す

 

求人サイトとは

求人サイト(転職サイト)は、ネット上で就職斡旋サービスをしてくれるサイトのことですね。

 

求人サイトのメリット

  • 今すぐに仕事探しを始められる
  • 日本全国・海外の仕事が探せる
  • スカウト機能がある

 

今すぐに仕事探しを始められる

求人サイトは、ネット環境があればすぐに始められるのがメリットですね。

ハローワークのように、実際に行く必要がありません。

当然、交通費の心配もいりません。

 

日本全国・海外の仕事が探せる

ハローワークでも、県外の仕事はさがせますが、どちらかというと地元重視の傾向がある印象です。

また、求人サイトだと、海外の仕事なんかも探しやすいです。

 

スカウト機能がある

求人サイトにはスカウト機能がついているところが多いです。

これは、履歴書を登録しておくと、企業側からスカウトしてもらえる機能です。

職歴や技術に自信があって、見栄えのいい履歴書ならば、相手から声をかけてもらえるのがいいですね。

 

求人サイトのデメリット

  • 対面して相談できない
  • ちょっぴり孤独
  • 自分で何でもする必要がある

 

対面して相談できない

一番のデメリットは、やはり係の人と対面して相談できないことです。

過去に転職したことがあれば必要ないかも知れませんが、初めての場合は、向いていないかもしれません。

 

ちょっぴり孤独

インターネット相手の仕事探しだと、ちょっと孤独に感じる場合も多いです。

ハローワークだと、仕事を探しに着ている人たちがたくさんいるので、同士がいる感じで、頑張ろうという気持ちも湧いてきますからね。

 

自分で何でもする必要がある

何から何まで自分でしなくてはいけないのもデメリットです。

仕事探しはもちろん、いいところがあった場合の応募連絡も自分です。

誰も頼る人がいないので、プレッシャーを感じる場面が多くなります。

 

求人サイトを使ってみた感想

わたし自身の仕事探しの時、転職サイトに登録していました。

履歴書をアップしてみて、1件応募してみたものの、面接にもたどり着けず、お祈りメールが来ました…。(泣)

仕事がないと言うだけで何だか孤独で、社会からの疎外感があるのに、このネットだけのやり取りで、なんだか心が折れました。

希望の職種の仕事の検索や、給料がいくらぐらいなのか、条件はどんな感じか、などのリサーチ系にはとても役立ちましたが、求人サイトでの職探しは、わたしには合わなかったですね。

 

スポンサーリンク

 

ハローワークと求人サイト、どちらがおすすめ?

わたしの場合は、求人サイトよりもハローワークの方が合っていましたが、両方とも利用するのがおすすめです。

やはり選択肢が広がるので、選びやすくなります。

また、それぞれのメリット部分を上手に利用するのが賢いやり方ですね。

 

ハローワークが向いている人

わたしが思うハローワークが向いている人はこんな人です。

  • 仕事探し・転職が初めての人
  • 勇気が出ない人
  • 小さい子どものいるママさん
  • 地元で働きたい人
  • 技術を付けたい人

相談しながら職探しができるので、無職の間でも心が折れにくいです。

また、ママさんはマザーズハローワークがあるのでおすすめです。

その地域の仕事情報に強いので、地元の仕事を探している人も向いています。

また、ワードやエクセルコースなどのヘルプがあるので、何も特技がない人にもおすすめです。

 

求人サイトが向いている人

求人サイト利用が向いている人はこんな人です。

  • 転職・仕事探しに慣れている人
  • 自分の職歴・スキルに自身がある人

仕事探しに慣れている人は、とくに相談も必要ないですから、淡々と求人サイトで職探しが合っています。

また、履歴書の職歴・スキルが華々しい人の場合、スカウトされるの機会もあるので、より良い条件の仕事を探すことができそうです。

 

まとめ

ハローワークと求人サイトでの仕事探しについて見てきました。

両方ともメリット・デメリットがありますが、それぞれのメリット部分をうまく利用するのが賢い方法ですね。

仕事探しはなかなか大変ですが、これでストレスを少なくしてあなたにピッタリの仕事が見つけやすくなるはず。

いい仕事が見つかるよう、熱烈応援していますよ〜!

 

 

-仕事

© 2020 ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵