大縣神社の梅まつり2017へ行こう!アクセスや駐車場、見頃の時期は?

      2017/03/18

しだれ梅

春のお花見といえばもちろん「桜」ですね!今年もお花見を楽しみにしている人が多いんじゃないでしょうか。

でも、4月まで待てないし、暖かくなってきたからお花が見た〜い! …そんな時に楽しめるのが「梅」ですね。

 

今回は、愛知県犬山市にある大縣神社(おおあがたじんじゃ)の梅園と梅まつりについてご紹介します。

こじんまりしていますが、ここの梅園のしだれ梅は綺麗なんですよ〜。選択肢の一つに加えてみてはどうでしょうか?

アクセスや駐車場、梅の見頃の時期など、お出かけ前にチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

大縣神社の梅まつり2017

梅まつり2017

【開催日】2017年2月19日(日)~3月20日(月・祝)
【場 所】大縣神社(〒484 - 0834 愛知県犬山市字宮山3 )
【電 話】0568-67-1017

詳細 大縣神社

 

愛知県犬山市の大縣神社(おおあがたじんじゃ)には梅園があります。ここの梅は全国の梅園や神社から奉納されたもので、紅白300本のしだれ梅が楽しめます。

ちょうど梅がきれいな頃、梅まつりが開かれています。

 

大縣神社のしだれ梅 開花状況や見頃の時期は?

大縣神社のしだれ梅は例年、2月中旬〜3月中旬が見頃です。梅まつりの時期が見頃というわけですね。

見頃の時期は長めですが、やっぱり一番きれいなときに見たい!という場合は、大縣神社(0568-67-1017)に電話をして聞いてみるのがおすすめです。

 

大縣神社 梅まつりへのアクセス

大縣神社は愛知県犬山市にあります。

大縣神社 アクセス

電車でのアクセス

◎名鉄電車

最寄り駅は名鉄小牧線「楽田駅」です。

名鉄名古屋駅から「鵜沼」または「新可児」行に乗り「犬山駅」下車
 ↓
犬山駅3・4番線ホームより「平安通」行電車にて2つ目「楽田駅」下車
 ↓
駅からは徒歩で約20分です。改札を出て正面「いたつ内科クリニック」の左横の県道をそのまま直進。正面に見える山の麓が神社です。東へ真っ直ぐ行くだけなので、迷わないはずです。
 ↓
タクシーの場合は約5分(名鉄タクシー:0568-61-0195 犬山タクシー:0120-610-302)

 

車でのアクセス

カーナビには「大縣神社」もしくは電話番号「0568-67-1017」を入れましょう。

◎東京・大阪方面から

名神高速道路小牧ICを下車し、料金所を通過後左方向(犬山・高山方面)国道41号線を北へ。新宮2丁目交差点を右折(小牧ICから6つ目・所要時間5分程)そのまま直進すると山が見えてきます。山の麓が神社です。(約8分)

◎名古屋方面から

名古屋高速小牧北出口を下車国道41号線を北へ。新宮2丁目交差点を右折(小牧ICから5つ目・所要時間5分程)そのまま直進すると山が見えてきます。山の麓が神社です。(約8分)

◎長野・東京方面から

中央自動車道小牧東ICから池ノ内経由で約15分です。

駐車場

大縣神社の駐車場は、神社の鳥居に向かって左側にあります。駐車場にはトイレもあります。

スポンサーリンク

大縣神社 梅まつりの見どころ

大縣神社自体はこぢんまりとしていて普段は静かな神社ですが、1年を通していろいろな行事があります。

梅まつりの期間はしだれ梅を楽しむ人が多く訪れます。また、梅まつり期間中にもいくつか行事がありますので、予定をチェックしていくのもおすすめです。

梅園

大縣神社に入っていくと、ぱっと目に入るのが、左奥にある梅園です。紅白の梅が咲き乱れていて、遠目でも綺麗です。

この梅園の入り口には、協力金の箱があります。100円〜です。きれいな梅園を維持する助けになりますので 、余裕があったら多めに募金するのもいいですね。

 

さて、ここの梅園の特徴は、かなり傾斜のある土地に梅が植えられていることです。そのため、下から見ると斜面全面をしだれ梅が覆っているように見えて、とても綺麗です。

また、高低差があるため、上の方に行くと、大縣神社を見下ろすことができる高さになります。

 

歩くところは舗装してありますが、階段があったり、急な坂だったりするので、お年寄りや体の不自由な方は、移動するのが大変かもしれません。

下から見るだけでも綺麗なので、現地で見てみて、登っていけるかどうか判断してくださいね。中にはベンチがありますので、疲れたらゆっくり座って休むことができます。

梅園自体は、さほど大きくはないので、時間的にはそれほどかかりません。

梅の花

イベント

梅まつりの期間中は、いろいろなイベントが行われています。

くわしくは大縣神社のホームページを見てくださいね。イベント情報はこちらに載っています。

一部をご紹介すると…

  • 2月19日(日)開園式
  • 2月25日(土)いけばな展
  • 2月26日(日)茶会・いけばな展
  • 3月 3日(金)人形焼納祭・土雛展
  • 3月12日(日)豊年祭(稚児行列、大鏡餅奉納、飾り車・神幸行列パレード、太鼓奉納、歌謡ショー、餅まき)
  • 3月18日(土)詩吟奉納、梅華能
  • 3月19日(日)姫宮敬神講社大祭

3月12日の豊年祭は楽しいのでおすすめ!餅まきもありますよ〜。

その他

梅園を楽しんで時間が余ったら、大縣神社の中を歩き回ってみましょう。

安産・子授け・婦人病・縁結びなら、姫之宮へのお参りがおすすめ。また、本殿の裏には、良い縁に導いてくれる「むすひ池」があります。

願い事を書いた紙にお賽銭を載せて、この池に浮かべ、紙の沈み方で縁がどうなるかがわかります。初穂料100円ですので、やってみてくださいね。

お守りもいろいろと売っていますのでチェックしてみてくださいね!

 

敷地内にはちょっとしたお店が出ていて、お菓子やお花の苗などを安く買うことができます。

屋台はわたしが行った時はたこ焼き屋さんが1つあっただけでした。

 

大縣神社の梅まつりを楽しもう!

大縣神社の梅園は、平坦でなく坂になっているところが珍しくておすすめです。

梅園だけを目的に来る場合は、すぐに見終わってしまうくらいの広さですので、犬山市の他の観光地とハシゴするのがいいかもしれません。

きれいなしだれ梅を楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

 - おでかけ