ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

暮らし

コートやダウンをクリーニングに出す頻度は?自宅で洗濯可?

更新日:

洗濯ばさみ

春が近くなると、冬に着ていたニットのセーターや、ジャケット、コートなどを少しずつ片付けないといけませんね。

冬の服は厚手で、素材もカシミアやウールが使われていたりするので、気をつけて扱わなければいけません。夏のようにじゃぶじゃぶとは洗えませんね。

 

クリーニングに出せればいいけど、全部だしていたらお金がかかってしまってキツい!でも、自分で洗って縮んだり痛んだりしたらいやだ!

多くの人がそんな気持ちじゃないでしょうか?

できるだけ節約しつつ、お気に入りの冬物を片付けていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

冬のコートをクリーニングに出す頻度は?

冬のコートって、暗めの色の物が多いので、ぱっと見は全然汚れていないように見えますよね。他のみんなはコートやダウンなどをクリーニングに出しているんでしょうか?

 

マイナビウーマンが行ったアンケートの結果がありますので見てみましょう。

コートはどのくらい着たらクリーニングに出しますか(洗いますか)?

  • 1位 ワンシーズン洗わない 69.8%
  • 2位 1~2カ月 8.4%
  • 3位 2~3カ月 5.5%
  • 4位 1~2週間 3.0%
  • 5位 3~4週間 2.7%

 (マイナビウーマン調べ

 

1位は 「ワンシーズン洗わない」 でした。

理由としては、クリーニング代が高い、汚したりしなければ大丈夫、コートを1着しかもっていない、などでした。

 

洗いたい派の人は、汚く感じるから、汚れや臭いがめだってくるから、などです。

このアンケートを合計しても100%にならないので、残りの人の中には次のシーズンまで持ち越しちゃうという人もいるんじゃないでしょうか。

コート

コートやダウンなどはクリーニングに出すべき?

頻繁に出す必要はありませんが、何度か着用したのであれば、少なくともシーズン終わりにはクリーニングに出すことをおすすめします。

一見汚れていないように見えますが、汗などの汚れは付いている んですね。

 

ですので、そのまましまい込んでしまうと、収納中に黄ばんでしみになったり、虫食いやカビが発生しやすくなってしまうのです。

来シーズンに新しく買うことになってしまうと、クリーニング代よりはるかにお金がかかります。お気に入りのもので長く着たいのであれば、なおさら、クリーニングに出して綺麗にしておくのがいいですね!

コート

クリーニングに出すときのコツ

なるべく節約するには

クリーニング店の店頭や折り込み広告で、 キャンペーンや割引 などをチェックしましょう。

お店によっては、まとめて出すと安くなったり、誕生日割引、冬物期間限定割引などをやっていますので、見逃さないようにしたいですね。

お店はなるべく1箇所に決めて スタッフの人と顔見知りに なるのをおすすめします。いつも同じ所で出していると、おまけしてくれたり、事前にキャンペーン時期を教えてくれたりするのでお得です。

 

出す時期は

もう暖かくなったなと思っていたら、急に寒さがぶりかえした、ということってありますよね。ですので、おすすめは、 分厚い物から順に 片付けていく、という方法です。

真冬の一番寒いときににしか着ないコートから順番にクリーニングに出してしまっていくというやり方です。

一度に出費がかさまない点もいいところです。

コート

出すときは

クリーニング店でお願いする際、気になる汚れなどがある場合は、 店員さんに伝えて おきましょう。

 

受け取ったら

クリーニングから戻ってきたら、ちぢみ・シミ・シワができていないか、汚れは落ちているか、付属品はちゃんとついているかなど、 ちゃんとチェック してくださいね。

また、かかっているビニールカバーは汚れ防止目的でつけているもので、収納には適しませんので、織布製の衣装カバーに変えましょう。

 

スポンサーリンク

 

コートやダウンは自宅で洗濯できる?

コートやダウンでも家で洗えるものもあります。

まずは、 服に付いている洗濯表示のタグをチェック しましょう。

洗濯表示

 

水洗いはできないマーク

水洗いはできない

(これがついていたら自宅で洗えません。)

手洗いできます

弱い手洗いOK

(30は液温30度の意味。物によって変わります。)

 洗濯機OK

洗濯機OK

(弱30は液温30度で弱水流で、の意味。物によって変わります。)

 

基本的には上のような表示を確認して、洗い方を決めましょう。

 ダウンの洗い方

最近は量販店などで、洗えるダウンを扱っているので、ここでは一例として、ダウンの手洗いの方法をご紹介します。

  1. ファスナーなどは閉めておきます。
  2. 洗濯おけ、洗
  3.  洗濯表示タグで手洗いができることを確認します。
  4. 面所のシンク、大きいダウンの場合は洗濯機の洗濯槽に、ダウンジャケットがつかるくらいの水(30度以下)を入れ、おしゃれ着洗い洗剤をいれます。
  5. そこにダウンジャケットを浸して、両手でやさしく押し洗いをします。
  6. 洗い終わったら、水を替え、また優しく押し洗いをし、すすぎをします。
  7. 水が綺麗になるまで、すすぎをもう一度繰り返します。
  8. 優しく押して水を切り、さらにバスタオルで水分を取ります。
  9. 風通しのいいところで陰干しします。
  10. 途中でダウンの偏りなどを直しながら、完全に乾くまで干します。
  11. 乾くとふわふわになりますので、安心してください!

 

思ったより簡単にできますので、やってみてくださいね。水洗いOKの表示がないものでも大丈夫なことが多いですので、普段使いのダウンなら試してみるのもいいですね。

高価なものや、とってもお気に入りのものはクリーニングに、普段使いのものは家で、とうまく分けてやってくださいね。

 

最後に

お気に入りのコートなどはできるだけ長く、良い状態で着たいですね。

クリーニングと自宅での洗濯とを上手に使い分けて、賢く行きましょう!

次のシーズンも素敵なコートで暖かく過ごしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

-暮らし

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.