4~7月はカラスに注意!攻撃的でうるさい原因は繁殖期!

   

カラス

昔は遠くに飛んでいる姿しか見たことがなかったカラス。最近は街中にいて、ゴミなどをあさるようになりましたね。

カラスは色が黒くて体が大きく、さらに鳴き声も大きいので、ちょっと怖く感じている人も多いことでしょう。

 

このカラス、4月~7月は繁殖期となり、子どもを守るために普段よりも攻撃的になることがあるので、いつもより注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

カラスが攻撃的でうるさい原因は卵やヒナを守るため

何だか最近カラスの鳴き声がとってもうるさいなぁ…と感じた事はありませんか?それって4月〜7月頃ではありませんでしたか?

4月〜7月頃はカラスの繁殖期にあたります。この時期は、産んだ卵や、かえったヒナを守るため、カラスが普段よりも警戒心が強くなっているんですね。そのため、昼間だけでなく夜中も、うるさく鳴いたり攻撃的になったりする傾向があります。

 

【カラスの繁殖期】

  • 4月頃:巣作り
  • 5月頃:産卵・卵をあたためる
  • 6月頃:卵がふ化・ヒナを育てる
  • 7月頃:ヒナが成長し巣立つ

ひな 

繁殖期のカラスの威嚇行動

通常カラスは、こちらから攻撃などを加えなければ、何かをすることはありませんが、繁殖期間はそうでない場合があります。

カラスの縄張りは巣から20メートル〜100メートルとなっているので、あなたがそこにカラスの巣があると知らずに近づいてしまった場合、威嚇されたり、最悪は攻撃されることがあります。

 

カラスの反応は下のような感じにエスカレートしていきます。

1 じっと見る
  ↓
2 大声でうるさく鳴いて威嚇する
  ↓
3 頭上を飛んで威嚇する
  ↓
4 後ろから飛んできて後頭部を蹴る

 

カラスの存在に気づいたら、すぐにその場から立ち去りましょう。

 

スポンサーリンク

 

カラスの攻撃に遭わない方法

4月〜7月頃に、カラスが必要以上にうるさく攻撃的になるのには、卵やヒナを守りたいという気持ちからだったんですね。そう思うと、ちょっと理解できますね。

でも、実際に街中で、あなたや小さなお子さんが攻撃にあっては大変です。どうしたらいいのかを見ていきましょう。

 

◎カラスをじっと見つめない

繁殖期のカラスはただでさえ警戒心が強くなっていますので、じっと見つめると威嚇されていると感じてしまいます。じっと見ないようにしましょう。

 

◎カラスに話しかけたり怒鳴ったりしない

「あっちいけ!」などと大声でどなって刺激するのはやめましょう。

 

静かに〜

 

◎カラスに物を投げたり威嚇行動をしない

怖いので飛び去って欲しいのはわかりますが、小石などを投げるのは絶対にやめましょう。

 

◎巣に近づかない

上で述べたように、巣から20メートル〜100メートルに入ると危険です。また、巣よりも上の位置にいると威嚇している取られることがあります。

 

◎帽子をかぶる、傘をさす

攻撃された時に少しでも身を守ることができます。女性は日傘などで頭を隠しましょう。

 

◎巣作りの材料を提供しない

カラスは巣を作るとき、材料として洗濯物を干している所に放置してある、針金のハンガーを取っていくことがあります。あなたが針金のハンガーを使っていて、カラスに持って行かれたとしたら、家の近くで巣作りをしている可能性があります。巣作りの材料になる針金ハンガー、園芸用のプラスチック製品、ひもなどは、外に放置しないようにしましょう。

 

カラス

 

気をつけて

カラスは頭が良く、人間に攻撃されると記憶します。そうすると次に通った人が違う人でも、似た感じの人であれば攻撃をしたりします。

そうやって悪循環になってしまいますので、一番いいのは、近寄らず何もせず立ち去ることです。

 

ヒナが育って巣立ちをすると、カラスの攻撃性は下がります。産卵〜子育ての4月〜7月頃は、なるべくカラスには近づかないように過ごすのが、カラスにとっても人間にとってもいいですね。

カラスがうるさいのは卵とヒナを守りたいという理由からですが、くれぐれもカラスの繁殖期には気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 - 暮らし