ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

暮らし

五月人形は何歳まで飾るもの?不要になったら処分方法は?

更新日:

かぶと

男の子が産まれたとき、健やかに成長を祈って揃える五月人形。素敵ですね。

でも、何となく、五月人形って、これからぐんぐん成長していく小さい男の子が飾るイメージがありませんか?高校生や大学生の男の子が、飾って祝うという感じではないですよね?

 

五月人形は一体何歳まで飾るものなのでしょうか。また、男のお子さんが、独り立ちしたり結婚したりして、家を出たら、実家に残された五月人形はどうするのが一番いいのでしょう。

子どもの成長を一緒に見守った、思い出深い五月人形を、簡単に捨ててしまっていいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

五月人形は何歳まで飾る?

そもそも五月人形は、男の子が何歳になるまで飾るものなのでしょうか?

これに関しては諸説あるのですが、いくつか区切りがあります。昔から現代まで、何歳まで飾られてきたのかについて見ていきましょう。

 

7歳まで

今と違い、昔は乳幼児や子どもの死亡率が高かったため、数え年の7歳まで無事に育った子どものみを、戸籍に登録しました。7歳まで育てば、あとは安心ですね。

このような背景から、数え年7歳までは、子どもが元気で立派に育つよう、願いを込めて五月人形を飾り、その後は神社に奉納していました。

 

かぶと

元服(成人)まで

元服とは、男の子が成人として認められる儀式のことです。

昔は男の子がだいたい11歳から16歳の時に、元服をし、成人となりました。今の成人は20歳ですから、かなり若いときにすでに成人していたわけですね。

 

そのため、これを受けて、数え年15歳のお正月に、成人した報告と感謝・祈願をしに、氏神神社に行きました。

五月人形は15歳まで飾り、元服したら神社に奉納していたんですね。

 

現在では

現在では、五月人形を何歳まで飾る、といった 決まりはありません

もともとの、五月人形を飾る意味である、男の子が健やかに立派に成長する願いをこめる、という事ですし、何歳になっても飾ってかまいません。

 

ただ、実際はお子さんが高校生くらいになると、五月人形などに興味がなくなってきますので、飾らなくなってしまう家庭も多いですね。

ご家庭ごとに判断 していただいて大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

五月人形の処分方法

五月人形をいつまで飾ってもいいと言っても、男のお子さんが、結婚して実家を出てしまった場合、残されたご両親は、どうしたらいいのか迷いますよね。

もうずっと押し入れにしまいっぱなし、なんてご家庭も多いんじゃないでしょうか。

 

人形供養に出す

ずっとお子さんを守ってくれた五月人形ですので、ゴミとしてに捨ててしまうのは、心苦しいですね。

その場合は、 人形供養 に出して、処分してもらう方法があります。

一度、お近くの神社で人形供養をしていないか相談してみてください。もし、近くに無い場合は、郵送して供養してもらうことができます。

 

下のリンクは、供養をしてくれるところの一例です。

詳細 人形感謝(供養)代行サービス

お金だけ取っておいて、供養もせずそのまま捨ててしまう、悪質なところもありますので、神社など、ちゃんとしたところでお願いしましょう。

 

子どもや孫に受け継がせる

雛祭りの雛人形がそうであるように、五月人形も一人に一飾り、というのが基本です。

ですが、家族みんなが納得するのであれば、子どもの父親やおじいさんから、お下がりの五月人形を 受け継ぐ 、というのも素敵ですね。

 

三世代

 

また、子どもにはちゃんと新しい五月人形を買って、さらにその横に、父親の五月人形を一緒に飾っているという、微笑ましい家庭もあります。

捨ててしまうよりもいいですね。

 

感謝して処分しましょう

五月人形を、子どもや孫に譲るにしても、最終的にはいつか、処分する事になりますね。自分で捨ててしまうにしても、供養に出すにしても、ずっと子どもさんの成長を見守ってくれた五月人形に、感謝の気持ちをもってお別れしたいものですね。

可能であれば、大人になった息子さんと一緒にできるといいですね。五月人形も、立派に育った息子さんを見届けて、安心できることでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

-暮らし
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.