津島市天王川公園の藤まつりに行こう!開花状況や駐車場は?

      2016/04/19

藤

4月〜5月は藤のシーズンですね。万葉集にも詠われているほど、古くから愛されてきた藤の花。今年もみたいですね!

でも、藤が綺麗なところはたくさんあるので、どこに行こうか迷っちゃいますね。

 

そんな藤の名所のひとつに、愛知県津島市があります。今年は天王川公園で行われる「尾張津島 藤まつり」に行ってみるのはどうでしょうか?

藤の見頃や開花状況、また、アクセスや駐車場情報などをご紹介しますので、お出かけの参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

尾張津島 藤まつりとは

尾張津島 藤まつり

【開催日】2016年4月21日(木)〜5月5日(木・祝)
【時 間】イベントは9:00または10:00〜 ライトアップは21:00まで
【場 所】天王川公園(愛知県津島市 宮川町1丁目)
【電 話】津島市観光協会 0567-28-8051

詳細 尾張津島 藤まつり

 

愛知県津島市は藤の花が有名で、かつては「藤浪の里」と言われたほどの名所です。

天王川公園にある藤棚は、棚面積が5,034平方メートル、長さ275メートル、巾12〜30メートルとなっており、藤棚の広さは東洋一とも言われるほどです。

 

この大きな藤棚に、美しい藤が咲き乱れる時期に開催されるのが、「尾張津島 藤まつり」です。25万人の人が訪れる藤の名所でのイベントとなっています。

 津島藤 
水面に映った藤も美しい

 

藤の花の見頃・開花状況

天王川公園の藤は通常、4月中旬から咲き始め、4月下旬〜5月初めが見頃です。まつり期間がちょうど見頃のはずですが、気候によって前後しますので、津島市観光協会のfacebookで開花状況をチェックしてみてくださいね。

開花状況 津島市観光協会 facebook

公園ですので、もちろんいつでも藤を見ることができます。藤まつりのイベントは10時頃からですが、それよりも早く行けば、いい写真を撮りつつ、満開の藤を独り占めできますよ。

 

天王川公園・藤まつりへのアクセス

カーナビへの一例:電話番号「0567-26-2828(津島市中央公民館)

  • 弥富 I.C.よりR155で約15分
  • 尾西 I.C.よりR155で約35分

 

駐車場

駐車場はいくつか用意されています。日によって開いていない場合がありますので注意してください。

 

◎天王川公園の駐車場・臨時駐車場

藤まつり会場に一番近い、天王川公園の駐車場です。そのためとても混雑します。

※下の地図の P3、P4、P5、P6の駐車場です。

【日にち】4/21(木)〜5/5(木・祝)
【時 間】8:30am〜5:00pm(5:00pm以降も駐車可)
【料 金】1,000円(まつり会場で使える300円クーポン付き)

 

 

◎小学校などの駐車場

近くの小学校などが臨時駐車場となります。藤まつり会場までは徒歩で15〜20分ほどです。少し歩かなくては行けませんが、駐車場待ちをしたくないのであれば、こちらに停めることをおすすめします。

  • P2 西小学校(愛知県津島市大和町1丁目14)
  • P7 南小学校(愛知県津島市常盤町4丁目20)
  • P1 保健福祉センター(愛知県津島市上之町1丁目60)

【日にち】4/23(土)・24(日)・29日(金・祝)、5/1(日)・3(火・祝)〜5(木・祝)
【時間】9:00am〜5:00pm(6:00pmに閉鎖)
【料金】500円

 

津島藤まつり

 

電車で行く方法

◎名鉄電車

「名鉄名古屋駅」より約24分→「津島駅」下車

◎JR・近鉄

「弥富駅」乗り換え→名鉄電車で約11分→「津島駅」下車

 

津島駅からまつり会場までは、徒歩で20分ほどです。

または駅から「ふれあいバス」という巡回バス(100円)に乗り、会場寄りの駅「老人福祉センター」で降ります。ただし、巡回バスは日曜日(4/24・5/1)が運休日となっていますので、気をつけてください。また、いろいろと巡回しますので、余分に時間がかかります。 
詳細 ふれあいバス時刻表 

 

スポンサーリンク

 

天王川公園 尾張津島 藤まつりの様子

イベント・見所

まつり期間中、公園内では毎日いろいろなイベントが行われています。詳細はこちらでチェックしてくださいね。

公園には大きな池があり、鯉や亀がいます。池にある島にも藤が植えられているので、メインの藤棚に行く前にここも寄ってみましょう。

 

池から奥に行くと、まつり会場となり、屋台などの出店がたくさん出ていて、特設ステージではいろいろな催しが開かれています。

更に奥に行くと、メインの藤棚です。天王川公園の藤棚の一番の特徴は、藤棚の下に水が流れていることです。この水面に藤の花が映り、とても美しい景色を楽しむことができるんです。

 

また、暗くなるとライトアップをしています。昼間のきらきらとした明るい藤とは違い、ライトに照らされた幻想的な空間に変身します。

夜の9時までライトアップをしていますので、こちらもおすすめです。

 

食事

おまつり会場にはたくさんの屋台が出ています。また、地元の特産品やお弁当などが売られていますので、食事には困りません。

お弁当を持って行くのもいいですね。

休憩

一見広いように見える公園ですが、メインの藤棚だけであれば、全部見ても、ひどく疲れてしまうようなことはないでしょう。ベンチがありますので、問題なく休憩をとることができます。

 

つし丸

津島市マスコットキャラクター つし丸

 

名鉄ハイキング 尾張津島 藤まつりコース

2016年4月29日(金・祝)に行われる名鉄のハイキングでは、天王川公園の藤まつりを回っていくコースが設定されています。

佐屋駅からスタートして、道の駅立田ふれあいの里や藤まつり、津島神社などを歩く、無料のハイキングです。青空の下、ゴールデンウィークのハイキングを楽しんでみませんか?

  • 難易度:★(比較的平坦で標高差が少ないコース)
  • 距離 : 約10.5km
  • 時間 : 約2時間40分
  • スタート受付 : 佐屋駅(8:30~11:00)
  • 参加費:無料
  • 予約:不要

名鉄ハイキング 春の風物詩 風に揺れる紫の花房 尾張津島藤まつりコース

 

藤まつり会場以外の見所

スタンプラリー 5/5(木・祝)

藤まつり会場近くの町を歩きながら、スタンプを集めていきます。先着800名様は完歩賞がもらえます。(参加無料 10:00〜3:00)

津島神社

津島に行ったら、津島神社には寄りたいですね。織田信長や豊臣秀吉も尊信した神社です。運が良いとこの近くで山車がでていたりします。

あかだ・くつわ

あかだ、くつわ、というのは、津島で昔から作られているお菓子のことです。素朴な味わいでなつかしい気分になりますよ。お土産にどうですか?

 

ぜひ行ってみて

今年はどこの藤を見にいこうかな〜?と悩んでいたら、ぜひ津島の藤を見に行ってみてくださいね。

 

この地方で津島と並んで藤が有名な「江南市曼陀羅寺公園」の藤もおすすめですよ!

江南市曼陀羅寺公園の藤まつり!見頃や開花状況、駐車場情報

 

 

スポンサーリンク

 - おでかけ