岐阜県可児市、鳩吹山にカタクリの花の群生を見に行こう!

      2017/01/31

カタクリの花

カタクリの花を見たことはありますか?カタクリは可愛い紫色の花をつけるユリ科の植物です。名前の通り、根っこのデンプンを精製すると、料理で使う片栗粉になるんですよ。

現在では、片栗粉はジャガイモのデンプンで作られていますが、昔はカタクリの花から作られていました。

 

このカタクリの花が群生しているところが、岐阜県可児市にあります。

毎年3月に、鳩吹山ではカタクリまつりが開かれ、可愛いカタクリの花が咲き誇ります。行ってみませんか?

 

スポンサーリンク

 

鳩吹山のカタクリまつり

★第6回カタクリまつり

【開催日】2017年3月25日(土)~ 26日(日)
【時 間】午前9時~午後3時まで(小雨決行)
【場 所】可児川下流域自然公園駐車場
【主 催】可児市観光協会 後援/可児市
【電 話】(0574) 62-1111

ウェブサイト カタクリまつり

 

 

鳩吹山のカタクリまつりへのアクセス方法

会場案内図

 

車で

◎ナビへの入力
 住所=岐阜県可児市土田大脇(ぎふけんかにしどたおおわき)

 もしくは、湯の華アイランドを目的地にします。(岐阜県可児市土田大脇4800−1 電話:0574-26-1187)

 

駐車場は小さいので、満車の場合は臨時駐車場に案内されることがあります。

 

電車+送迎バス

下記の駅から、【湯の華アイランド】の無料定期送迎バスを利用して会場まで行けます。

  • 名鉄西可児駅前発
  • JR美濃加茂駅南口発
  • 美濃加茂市役所前発

ウェブサイト まつり中送迎バス時刻表(pdfの2枚目)

 

電車+徒歩(20分)

最寄り駅:名鉄可児川駅

  • 徒歩20分
  • まつり会場までは1.4キロ
  • カタクリ群生地までは1.5キロ

 

名鉄可児川駅で下車
 ↓
国道41号線【湯の華アイランド】の看板がある信号(大脇)を渡る
 ↓
国道に隣接している【湯の華市場】から徒歩5分

 

※上の地図を参照してくださいね。赤い矢印がルートです。
※交通量が大変多いので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

カタクリまつり会場の様子

まつり会場では、いろいろな食べ物やお店の出店が出ています。会場は自然公園駐車場内で、広くないので、すぐに見終わります。

 

カタクリの花の群生地は、まつり会場から歩いてすぐの所です。びっくりするくらいの数のカタクリの花が咲いていますよ。多くの人が写真を撮りながら楽しんでいます。

あまり朝早い時間だと、カタクリの花はまだ閉じていますので、気をつけてくださいね。

 

開花状況については可児市観光協会のサイトでアップデートされていますので、チェックしてみてください。

詳細 カタクリ開花状況(可児市観光協会)

 

かたくりの花

カタクリの花の群生 奥の斜面も全部カタクリの花です

 

カタクリの花の群生地を越えて少し歩くと、飛騨木曽川国定公園があります。そこでみんな、わいわいと休憩しています。すぐそばを木曽川が流れていますので、お昼は、ここで川を見ながら、お弁当を食べるのがおすすめです。

まつり会場の近くに、「湯の花市場」があり、お弁当やパンなど、美味しい物をたくさん売っていますので、カタクリの花を見に行く前に、ここで、お昼ご飯を買って行くといいですね!

 

湯の花市場では、朝市で野菜などが安く買えます。また、カタクリまつりの日には五平餅や鯛焼き、パンなどの出店が、敷地内に出ていて、賑わいます。外に出ているお店は、午後には終わってしまうので、午前のうちにチェックしてくださいね。(荷物を入れておけるロッカーがあります。)

市場はずっと開いていますので、カタクリの花を見た後にゆっくり回りましょう。ここは是非寄ってみてくださいね。

 

ハイキング

 

可憐なカタクリの花を楽しんで

カタクリの紫の花は、本当に可憐で可愛いですよ。今年はこの岐阜県可児市の鳩吹山に、ぜひ行ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 - おでかけ