ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

おでかけ

犬山祭2017の日程は?車山・からくりのスケジュールや駐車場情報も!

投稿日:2017年2月24日 更新日:

犬山祭

見事に咲き誇る桜と山車の風景がとても日本らしくて美しい春の犬山祭。毎年楽しみにしている人も多いんじゃないでしょうか?車山やからくりが好きな人にはたまらないですね。

もしあなたが行ったことがなかったらぜひ行ってみることをおすすめしますよ〜!

今回は、愛知県犬山市で行われる犬山祭についてご紹介します。

祭りの日程や、車山・からくりのスケジュール、駐車場情報ほか、もりだくさんですので、お出かけの前にチェックしてみてくださいね!

 

記事が長いので、目次から知りたい内容をクリックしてくださいね!

 

スポンサーリンク

犬山祭2017 日程

「犬山祭」は愛知県犬山市にある針綱神社で行われる祭礼で、毎年4月の第1土曜・日曜に行われています。

また、国の重要無形民俗文化財に指定されているほか、2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。

3層の車山13輌が集結し、桜が咲き誇る街を練り歩く様子は、圧巻の一言! また、夜に提灯を灯して巡行する様子は、まるで別世界に来たような雰囲気です。

毎年の人出はなんと50万人。すごい人ですがとってもおすすめです!

★犬山祭の基本情報

【開催日】2017年4月1日(土)~ 2日(日)

【時間】9:00〜21:30

【場所】愛知県犬山市 犬山城下一帯

【問い合わせ】0568-61-6000

詳細 犬山観光情報

犬山祭ポスター犬山祭ポスター

 

雨天時はどうなる?

当日に雨が降ってしまったらどうなるんでしょうか?車山が濡れてしまいますよね。

これについては、当日の8時に中止になるかどうかが発表されます。(上の犬山観光情報のホームページにて)

小ぶりであれば車山をビニールシートでカバーして運行することもありますので、迷った場合はホームページをチェックしてくださいね。

また、残念ですが中止になった場合でも、翌週に延期するなどの措置はありません。

 

犬山祭りへのアクセス

犬山祭の場所は犬山城下町一帯です。ここを目指していきましょう。

電車でのアクセス

犬山アクセス

最寄り駅は「名鉄犬山駅」です。駅から城下町までは徒歩約10分、犬山城までは徒歩約20分です。

沢山の人が歩いているので、ついていけば迷うことはありません。

犬山城までは20分ほどありますが、城下町の本町通り出れば、たくさんのお店があるので楽しみながらお城までいけます。

 

◎名鉄「名古屋駅」から⇒ミュースカイ・快速特急で約25分

◎名鉄「金山駅」から⇒名鉄快速特急・特急で約30分

◎地下鉄鶴舞線「上小田井駅」から⇒名鉄急行で約23分

◎地下鉄上飯田線「平安通駅」から⇒地下鉄上飯田線普通で約34分

◎名鉄「中部国際空港駅」から⇒名鉄ミュースカイで約55分

 

車でのアクセス

犬山車でのアクセス

向かうのは犬山城・城下町周辺です。ナビへは「犬山城」と入れるか、下でご紹介する駐車場の場所を入れましょう。

周辺は交通規制などもありますので、注意が必要です。

 

◎名神高速道路「小牧IC」より約25分

◎名古屋高速道路「小牧北IC」より約25分

中央道「小牧東IC」より約25分

◎東海北陸道「岐阜各務原IC」より約25分

 

無料駐車場・臨時駐車場

犬山祭の間は、通常の常設駐車場の他に臨時駐車場もあります。駐車場の位置はこちらで確認してください。

常設駐車場

常設の駐車場は3つあります。一番近いのは犬山城第1駐車場ですが、すぐに埋まってしまいます。

各駐車場の場所や空きがあるかの混雑状況はこちらでチェックできます。

  • 犬山城第1駐車場 1回500円(犬山城まで徒歩約5分)
  • 犬山城第2駐車場 無料(犬山城まで徒歩約15分)
  • 犬山城第3駐車場 1時間200円(犬山城まで徒歩約20分)

臨時駐車場

犬山祭の間は成田山の駐車場が臨時駐車場として開放されます。

ちょっと距離がありますが、普通の人なら気にならないぐらいです。途中の桜も楽しめます。

 

スポンサーリンク

犬山祭の車山とからくりの日程・スケジュール 

山車

犬山祭の一番の見どころは何と言っても車山とからくりですね。

ちなみに、犬山祭での山車(だし)は車山と書いて「やま」と読みます。これは、犬山祭で使う山車が高さ8メートルと、山のように大きいことから「車山(やま)」と呼ばれているんです。

実際近くで見てみると本当に大きいですよ!

 

4月1日(土)には「試楽祭(しんがくさい)」、4月2日(日)には「本楽祭(ほんがくさい)」が行われます。内容としては以下のようになっています。

  • 車山が針綱神社前に集結
  • 順番にからくり披露・奉納
  • 城下町を車山巡行
  • 夜には提灯を点灯して城下町巡行

犬山祭の車山の運行ルート・時間など細かいスケジュールは上のチラシに書いてあります。車山好きさんは要チェック! 

犬山祭保存会のホームページには、車山の位置がリアルタイムで分かる「犬山祭車山運行ナビ」というのもあります。

 

犬山祭り 見どころ

車山・からくり

まずは朝早めに行って、13輌の車山が集結している見事な様子を見てください。

その後順に針綱神社でからくりを披露しますので、これも楽しめます。車山によってからくりの種類が違いますので、好きなからくりの出る車山をしっかりチェックしているという、通なからくりファンも多いです。

細部を見るとどの車山も特徴があって素敵ですよ。

 

からくりが終わると、ゆっくりと城下町を練り歩きます。あなたの真横を通る車山はとても大きくて迫力があります。

また、針綱神社や城下町には桜が綺麗にさいていて、車山と一緒の風景はとても美しいです。いい写真が撮れますよ〜! SNSに投稿しちゃいましょう。

 

夜車山

昼の車山は文句なしに楽しめますが、夜になって提灯に火を灯した車山も、とても雰囲気があって素敵です。

できれば、夜までいて夜車山も楽しんでください。

 

城下町のお店

犬山城の前をまっすぐ走る本町通りは、両脇にお店が立ち並んでいるので、車山に飽きてしまっても大丈夫!

可愛いお土産物や食べ歩きグルメなどを楽しんでくださいね。

 

犬山城

せっかくなので犬山城にいくのもいいですね。

入場料金は、大人550円、小・中学生110円です。各種手帳で割引もあります。

ただし、犬山祭の間は長い行列になっていることが多いです。また、お城の上に上がるには、急な階段がありますのでお年寄りには上がるのが難しいかもしれません。

お城の下にいくだけでも十分綺麗です。

 

犬山祭 まとめ

犬山祭はとても人が多いですが、桜と車山がとても綺麗なので、とってもおすすめです!

ぜひ行ってみてくださいね!

また、近くに「桃太郎神社」というちょっと風変わりな場所があります。こちらもSNSに投稿したくなること間違いなしなので、犬山祭の帰りにでも寄ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

-おでかけ
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.