ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

暮らし

海外旅行用のスーツケースはハードタイプとソフトタイプのどちらがおすすめ?

更新日:

スーツケース

わたしたちが海外旅行などで使うスーツケースを購入しようと思う時、まずまっさきに頭に浮かぶのが、ハードタイプのスーツケースですよね。

わたしが現在使っているのも、ハードタイプのスーツケースです。

でも、空港で外国人の旅行者を見てみると、ソフトタイプ(布製)のスーツケースを持っている人ばかり目に付きませんか?

もしかして、ソフトタイプってハードタイプよりいいのかな…?そう思う人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、ハードタイプのスーツケースとソフトタイプのスーツケースを比較して、両者のメリット・デメリットを見ていきたいと思います!

 

 

ハードタイプとソフトタイプどちらが人気?

わたしはちょっと前に海外旅行用にスーツケースを買いました。

その時に何箇所もスーツケース売り場を回ったのですが、旅行用の大きなスーツケースの場合、お店に置いてあるほとんどがハードタイプでした。(機内持ち込みサイズの小さいキャリーバッグタイプのものは布製も多かったです。)

お店の人に聞いてみたのですが、海外旅行に必要な大きなスーツケースの場合、ハードタイプを好む人ばかりなので、必然的に布製のソフトタイプは揃えていないとのことでした。

一般的な人気・売上としてはハードタイプのスーツケースのほうが上と言えそうです。

わたしが最終的に買ったのも、ハードタイプのスーツケースです。

 

ハードスーツケースかソフトスーツケースか

 

ハードタイプのスーツケース:メリット・デメリット

次に、ハードタイプ・ソフトタイプの両者のメリットとデメリットを見ていきます。

スーツケース購入の際にいろいろと見たり調べたりしたので、まとめてみます。

 

ハードタイプのメリット

  • 防犯性が高く安全
  • 壊れ物を入れても壊れにくい
  • 丈夫なので空港などで雑に扱われても安心感がある
  • 雨が降っても中に入ってこない
  • ステッカーなどを貼ってオリジナルにできる

順に見ていきます。

 

防犯性が高く安全

ハードタイプの場合、固くて壊れにくいため、防犯面で安心できます。

もちろん丸ごと持ち去られたら意味がないかもしれませんが、よほどお金持ち風でなければ、普通はなかなかないんじゃないでしょうか。

また、以前何かで読んだのですが、盗む方も開けにくいハードタイプよりも、ナイフで切れるソフトタイプの方を狙いやすい傾向があるようです。

 

壊れ物を入れても壊れにくい

外側がハードなため、布などで上手にくるめば、割れ物なども壊れずに運ぶことができます。

わたしも食器やガラス製のお土産などを入れて帰ってきたことがありますが、割れていたことはありません。

 

丈夫なので空港などで雑に扱われても安心感がある

空港などで預けたスーツケースを、係の人がバンバン投げているところを見たことがありませんか?

ハードタイプの場合、丈夫な作りなので、雑に扱われても比較的安心できます。

 

雨が降っても中に入ってこない

布製と違いハードタイプの場合、雨が降っても中に入りにくいので、中の荷物が濡れることを防げます。

(ただし、ハードタイプでもファスナーで開け締めするものは、そこから水がはいります。)

 

ステッカーなどを貼ってオリジナルにできる

旅行先で買ったステッカーをスーツケースに貼ると、なんだかとっても旅気分が盛り上がりますよね。

ハードタイプの場合は、ステッカーなどであなただけのオリジナルスーツケースにすることができます。

預けていた荷物が出てくるときも見つけやすいですね。

 ハードスーツケース

 

ハードタイプのデメリット

  • 重い
  • 価格が高め
  • 物を取り出すのに蓋を全体に開けないといけない

重い

ハードタイプのスーツケースのデメリットは重いことです。(ファスナータイプだと軽量化できます。)

飛行機に乗るときに預ける荷物には重量制限がありますので、入れる荷物の量が減ってしまいます。

 

価格が高め

ものにもよりますが、ハードタイプのスーツケースはソフトタイプよりも値段が高めです。

数年に1度しか使わないわーという場合は、ちょっと値段が気になるかもしれません。

 

物を取り出すのに蓋を全体に開けないといけない

スーツケースの中のものを取り出しにくいのもデメリットです。

あ、あれを出しておくの忘れた!という時でも、横にして蓋をパカっと開ける必要があるので、場所も手間もかかります。

 

↓おすすめはこれ!(わたしはこれを買いました)

 

ソフトタイプ(布製)のスーツケース:メリット・デメリット

次にソフトタイプのスーツケースについて見ていきます!

 

ソフトタイプのメリット

  • 軽い
  • 膨らむので少し多めに入る
  • 立てたままで蓋を全開にせずに少し開けられる
  • 旅慣れた人に見える

 

軽い

ソフトタイプのスーツケースはハードタイプにくらべて重量が軽いのがメリットです。

軽量な分、荷物を多く入れることができます。

 

膨らむので少し多めに入る

布製なので膨らむため、荷物をパンパンに入れることができます。

また、ファスナーをひらくと容量が増えるタイプもあります。

 

立てたままで蓋を全開にせずに少し開けられる

ハードタイプのように横にして蓋を全開にしなくても、ファスナーを少し下ろしてバッグの中にアクセスすることができます。

らくちんですよね。

 

旅慣れた人に見える

これはただの印象なのですが、布製のスーツケースを使っている人を見ると、なんだか旅慣れた人のように見えたりします。

 

ソフトスーツケース

 

フレームタイプのデメリット

  • 防犯面で不安(ナイフで切れる)
  • 壊れ物は入れられない
  • 雨の時水が入り込む

 

防犯面で不安(ナイフで切れる)

布製でも切れにくい素材を使っているタイプもたくさんありますが、やはりナイフで切れてしまう危険性があるので、防犯面では劣るといえます。

 

壊れ物は入れられない

外からの衝撃がそのまま伝わってしまうので、割れ物を入れることができません

(中に入っているものは壊れやすいですが、衝撃に対しての柔軟性があるので、スーツケース自体は案外丈夫です。)

 

雨の時水が入り込む

布製ソフトスーツケースの場合、雨に濡れると中に水が入ってしまうのもデメリットです。

 

 

スーツケースについてアメリカの友人に聞いてみた

アメリカの友人にスーツケースの選び方(ハードかソフトか)について聞いてみました。

彼女が言うには、アメリカでは旅行用のスーツケースというと、布製のものが頭に浮かび、ハードタイプは選択肢に入ってこないとのことです。

日本人にとってスーツケースといえばハードタイプが頭に浮かぶのと同じ感じかもしれませんね。

そういえば、アメリカ旅行で見たかばん屋さんには、布製のスーツケースばかりが目立っていた記憶があります。

 

まとめ

ハードタイプとソフトタイプのスーツケースのメリット・デメリットを比較してみました。

わたしの場合、やはり防犯面が気になったので、ハードタイプ(なおかつフレームタイプでファスナーでないもの)を購入しました。

また、お土産に割れ物系を買うことも多いと思ったということもあります。

日本からの海外旅行でなく、仕事での長期出張の場合や外国住まいの方の場合などはソフトタイプでもいいかもしれませんね。

どちらにしても、今回ご紹介したメリット・デメリットをチェックして、あなたに合ったタイプの方を選んでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

 

-暮らし
-

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2018 All Rights Reserved.