ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

季節の行事 暮らし

お盆の日にちはいつからいつまで?一般的なお盆休み期間は?

更新日:

桃

8月のお盆休みは、ゴールデンウィークや年末休みと同様、長期間のお休みがとれて嬉しいですよね。普段はなかなか行けない海外旅行に行ったり、実家に帰省する人も多いんじゃないでしょうか。

でも、ご先祖様をお迎えする行事としての「お盆」の日にちっていつなのか知っていますか?どこも同じ時期だろうと思っている人が多いかと思いますが、実は地域によって違っているんです。お盆は日本人にとって大切な行事ですので、ちょっと知っておきたいですね。

 

また、一番気になる、今年の一般企業のお盆休みは、いつからいつまでになっているんでしょうか?

見ていきましょう。

 

 

お盆の日にちはいつからいつまで?

わたしたちは普段「お盆、お盆」と呼んでいますが、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、大切な仏教行事の一つです。お家に仏壇があって、毎年お盆の行事をしている方ならよくご存じのように、ご先祖様の霊があの世からこの世に戻ってくる時期のことですね。親族が集まり、みんなでご先祖様をまつり冥福を祈る行事です。

 

仏花

 

お盆の時期は地域によって少し違っていますが、大きく分けて3つあります。(地域によって細かく見ていくと、当てはまらないこともありますので、だいたいの目安として見てくださいね。)

【地方によって違うお盆の時期】

7月13日〜16日 (新暦のお盆)

東京・横浜・東北方面など

 

8月13日〜16日 (月遅れのお盆)

全国的には8月が一番多くお盆とされています。

 

旧暦7月13日〜16日 (新暦だと8月ですが年によって日にちが違います)

中国・四国・九州・沖縄方面など

 

お盆ちょうちん

 

地域によってお盆の行事を行う月が違いますが、基本的には15日を中心とした13日〜16日の4日間が、お盆の日にちです。

このお盆の4日間は、ご先祖様をお迎えし、一緒に過ごして、またお送りします。

  • 13日:迎え盆
    迎え火(ご先祖様をあの世からこの世に迎えるために火を焚く)、提灯をともす
  • 14日・15日:盆の中日
    ご先祖様の供養・お供え・お墓参りなど
  • 16日:送り盆
    送り火(ご先祖様をこの世からあの世へ送るために火を焚く)

 

スポンサーリンク

 

今年(2018)の一般的なお盆休みの日にちはいつからいつまで?

上でご説明したように、お盆とされている時期は、地域によって3つの期間があります。

ただし、全国的にお盆とされている期間は8月13日〜16日が一番多くなっていますよね。そのため、お盆の行事自体は7月とされている地域でも、いわゆる 夏期休暇としての「お盆休み」は8月のお盆の時期に定めている企業がほとんど です。

 

今年2018年のお盆休みはこんな感じです。

2018年お盆休みカレンダー

 

お盆は基本的に8月の13日〜16日ですが、2018年の場合、山の日の11日(土・祝)と12日(日)がつながるので、多くの人の夏期休暇は、 8月11日(土)〜16日(木)の6日間 となります。

山の日の祝日が土曜日と重なってしまうところが痛いですね…。でも何とか海外旅行にもいけそうな長さですね。友人はヨーロッパ旅行に行く予定だと言っていました。

 

大企業などの場合は、8月11日(土)〜19日(日)の9連休という場合もあります。うらやましい!

もちろん、企業によってお休みは違ってきますので、あなたの会社に確認してくださいね。

 

ちなみに「山の日」は2016年から8月11日に新しい祝日として加わったものです。

参考記事 「山の日」の祝日はいつから施行される?由来やイベント情報

 

旅行

 

 いろいろなお盆を楽しんで

今年のお盆休暇は、基本4日間ということで、ちょっと短いですが、せっかくのお盆休暇ですので、家族みんなで思う存分たのしみたいですね!

また、機会があったら、本来の「お盆」の行事の意味も思い出してみてくださいね。祖父母や親戚の家などで、ご先祖様をお迎えしているところがあったら、体験してみるのもおすすめです!

 

スポンサーリンク

 

 

 

-季節の行事, 暮らし
-

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2018 All Rights Reserved.