ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

養老公園のもみじまつり2016!紅葉の見頃や駐車場、アクセスは?

   

養老公園

「養老の滝」の昔話を知っていますか?

年老いた父親のために頑張って働いていた親孝行の息子がいましたが、貧乏のため父親の酒を買ってあげられませんでした。しかしあるとき滝の水がお酒に変わっていたので、持って帰って父親に飲ませてあげたら、若々しく元気になったというお話です。

 

これに出てくる滝が、岐阜県の養老公園にある「養老の滝」です。養老公園は秋になると、紅葉で真っ赤に色づいて本当に美しい景色になります。

この時期には「もみじまつり」も開催されますので、ぜひ行ってみませんか?

 

今回は養老公園のもみじまつり情報や、紅葉の見頃、アクセスや駐車場情報をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

養老公園もみじまつり 2016

自然に囲まれた養老公園は、普段でも木々が美しいですが、紅葉の時期はさらに見応えがある景色となります。この時期に開かれる「もみじまつり」の間は、いろいろなイベントも開催されていますので、ぜひ行ってみてください。

★養老公園もみじまつり 2016

【開催日】2016年10月1日(土)〜11月30日(水)
【時 間】9:00〜17:00 ライトアップはありません
【場 所】養老公園一帯
【問い合わせ】養老公園観光協会 0584-32-1108

詳細 養老公園

養老公園もみじまつり チラシ

 

養老公園もみじまつり2016へのアクセス方法

養老公園アクセス

電車でのアクセス

最寄り駅は、養老鉄道「養老駅」です。養老駅からは歩いて約10分です。

【名古屋から】

◎近鉄名古屋駅(近鉄名古屋線急行)→桑名駅(養老鉄道養老線・大垣行きに乗り換え)→養老駅

◎JR名古屋駅(JR東海道本線新快速)→大垣駅(養老鉄道養老線・桑名行きに乗り換え)→養老駅

【岐阜から】

◎JR岐阜駅(JR東海道本線新快速)→大垣駅(養老鉄道養老線・桑名行きに乗り換え)→養老駅

 

【四日市から】

◎JR四日市駅(JR関西本線快速・名古屋行)→桑名駅(養老鉄道養老線・大垣行きに乗り換え)→養老駅

 

車でのアクセス

ナビには「養老公園」または「岐阜県養老郡養老町養老1155-21」といれましょう。

◎名神高速道路 大垣 I.C.から約20分
◎東名阪高速道路 関が原I.C.から約25分

 

駐車場・臨時駐車場

養老公園駐車場

駐車場の場所は、上のマップ(地図)で確認してくださいね。これ以外にも混雑時には臨時駐車場が開放されます。料金は場所に寄りますが、300円〜1,000円程度です。

養老の滝はマップの一番左側です。滝に行くには登りの道を歩いて行きますので、お年寄りや体力に自信のない方は、一番左の「民間:養老の滝P」に止めると、坂道を登る必要が無く、すぐ養老の滝に行くことができます。ただし混んでいることが多いのと、料金が高めになっています。(1,000円)

 

普通の体力の方は、下の駐車場(右の方)に停めて、ぶらぶらと歩いて上って行きましょう。途中にお土産屋さんや飲食店があるので、楽しめます。また、養老の滝までの道の途中、空を覆い隠すような木々の紅葉が、とても見事なので絶対おすすめです。道の途中からは養老の滝までのロープーウェーがありますので、もし大変だなと思ったら利用することもできます。(行き帰り利用できます。)

こどもの国や養老天命反転地にも行くなら、どこにでも行きやすい場所にある駐車場に停めるのがいいかもしれません。

 

養老公園への渋滞・混雑はある?

紅葉がピークの時の週末は、駐車場に入る車の行列で、かなり渋滞することがあります。混雑を避けるためには、少し時期をずらすか、朝早めに行くのがおすすめです。

 

養老公園の紅葉の見頃の時期はいつ?

養老公園の紅葉の見頃は、例年11月中旬〜12月初旬です。

もみじまつりは10月から始まりますが、10月に行くと紅葉にはまだ早い時期です。11月に入ってから、中旬くらいがおすすめです。

ただし、紅葉状況は気候で変わりますので、心配な方は電話で問い合わせると良いですね。

 

家族

 

養老公園の見所は?

紅葉

当たり前ですが、この時期の見所は紅葉です。公園内の木々が赤く色づいた様子はとても美しいです。一番おすすめなのが、養老の滝まで上がっていく時の道です。

中央には川が流れ、道の脇には背の高い木々が空を覆うように生えているので、真っ赤に染まった葉っぱの紅葉に包まれて歩く感じなんです。昼ごろ、光が上から差す時間帯だと、色づいた葉っぱが太陽の光をを受けて本当に綺麗です。

 

養老の滝

そしてもちろん必見なのが「養老の滝」です。昔話で聞いた、お酒に変わった滝がここなんだ〜と思うと、何だか嬉しくなります。秋の紅葉に包まれた滝はとても綺麗なので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

養老の滝のお土産屋さん

養老の滝へ上って行く途中には、何件かお土産屋さんや食事ができるところがあります。

養老の滝のお土産と言えば、やはり「ひょうたん」ですね。昔話で孝行息子が父親にお酒に変わった滝の水を入れていったのが、ひょうたんだからです。

 

ひょうたんのキーホルダーや置物、ランプなど、たくさんのひょうたんグッズがありますので、お土産にしてくださいね。

お腹が空いたらランチに食堂に入ってみましょう。昔ながらの雰囲気が味わえます。おやつには、途中で売っている「養老焼きだんご」がおすすめ。いつもたくさんの人が並んでいますので、もし空いていたらラッキーです。即買って食べるのがおすすめです。

 

楽市楽座・養老

楽市楽座・養老では、食事をしたりお土産を買ったり、観光案内情報などを得ることができます。屋根がありますので雨が降っても大丈夫です。

軽食や郷土料理、養老の地ビールなどいろいろありますので、家族それぞれで好きなものを買って、テーブルに持ち寄ってわいわい食べるといいですね。

 

岐阜県こどもの国

敷地内に「こどもの国」という施設があります。名前の通り、子どもが思いっきり遊べる所です。紅葉だけで飽きてしまった子どもたちにはぴったりです。授乳室もありますので、ママさんも安心です。(入園料無料)

詳細 岐阜県こどもの国

 

養老天命反転地

養老天命反転地」って不思議な名前ですよね。なんとも不思議な空間なんです。斜めになっていたり、行き止まりになっていたり、なんだか不条理な空間が広がっています。

普段とは全く違った感覚を体験することができますので、一度は行ってみることをおすすめします。必ず歩きやすい靴と服で行ってくださいね。

料金は、大人750円 高校生500円 小中学生300円です。もみじまつりのチラシをもっていくと割引があります。

詳細 養老天命反転地

 

スポンサーリンク

 

養老公園もみじまつり2016のイベント

養老公園もみじまつり2016のイベントをいくつかピックアップします。

 

ジャズ演奏

・11月6日(日)第1部:11時〜11時30分 第2部:14時〜14時30分〈荒天中止〉

名古屋の高生ビッグバンド 「Free Hills Jazz Orchestra」が演奏する、若さ溢れる元気なジャズを楽しめます。

 

養老鉄道お薦めハイキング

・11月13日(日)9時30分〜11時20分〈参加無料・雨天決行〉

養老鉄道養老駅で受付をして、駅からスタートのハイキングです。駅から養老公園・養老の滝方面をハイキング散策して、また駅まで戻ってきます。参加者には養老天命反転地の入場料が無料になるので、お得ですね。また、抽選で景品も当たります。

 

養老改元プレフェスタ

・11月12日(土)・13日(日)10時〜15時〈雨天決行〉

13日には元正天皇が養老町に行幸された、奈良時代の行幸行列を再現します。

 

養老町観光協会お土産ラリー

・11月12日(土)・13日(日)〈雨天決行〉

養老町内の観光加盟店で食事や買い物(宿泊は除く)をすると、500円ごとにスタンプを1つもらえます。これを4つ集めた先着500名に景品がプレゼントされます。

 

昭和歌謡お花プレゼントステージ

・11月13日(日)11時30分〜14時〈雨天決行〉

シンガーによる歌のステージと、ステージで歌ったおじいさん・おばあさん、来園したご老人に抽選で46名に花のプレゼント。

 

尺八・箏曲・日本の響きコンサート

・11月23日(水・祝)正午〜15時〈雨天決行〉

尺八曲5曲、箏曲合奏5曲の演奏が聞けます。

 

養老茶房孝行庵

・11月26日(土)10時30分〜15時30分〈雨天順延〉

養老公園の紅葉を楽しみながら、お抹茶を楽しめます。一服100円(抹茶・菓子付き)先着150名までです。また、養老孝子伝説の紙芝居もあります。

 

養老公園の紅葉を楽しんで!

養老公園の紅葉は本当におすすめです。もしも今年の紅葉はどこに行こうか考えていたら、ぜひ養老公園も候補に入れてみてくださいね。

養老の滝のお話の場所に行けるというのも楽しいですよ♪

 

 

スポンサーリンク

 

 - おでかけ