ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

健康

マスクの裏表・上下ってどっちなの?正しい付け方をマスターしよう!

投稿日:

マスク

マスクを付ける時「どっちが表なんだろう?上下はどっちでもいいのかな?」って迷いませんか?

インフルエンザの予防のためにマスクをつけるのであれば、正しいマスクのつけ方をした方が、効果があるはずですよね。

 

そこで今回は、正しいマスクの付け方について見ていきたいと思います。

マスクの裏表や上下の判断の仕方や、効果的に使う付け方のコツなんかをご紹介します。

あなたがいつもマスクにつして疑問をもっていたのなら、この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

マスクの役割

正しいマスクの付け方の前に、まずマスクの役割を見ておきましょう!

これを知っておけば、マスクを付ける時に抑えるべきポイントがわかりますよ〜。

 

わたしたちが普段使うマスクは、 不織布でできている、表面がヒダヒダ(プリーツ状)の、少し曲がるワイヤーが入っているものが多いですね。

他には、昔ながらのガーゼを重ねたようなマスクもありますが、マスクの機能としては劣りますので、不織布のマスクを使うのがおすすめです。

ここでの説明も、不織布のマスクを対象として進めていきます。

 

通常マスクを付ける理由としては

  • インフルエンザなどのウイルスやPM2.5等の有害物質をできるだけ吸い込まないようにする
  • 喉や鼻の粘膜の乾燥予防
  • 風邪にかかった時に、自分の咳やくしゃみでつばが飛ばないようにする(ウイルスの飛散を防ぐ)
  • 風邪にかかった人からの飛沫感染(飛んだつばから感染)をある程度予防する

といった事が挙げられますね。

(こういった健康上の理由の他にも、女性であれば、口周りの乾燥を防いだり、すっぴんの時の顔隠しなどがありますが、これは今回は関係ないので横に置いておきます。)

 

風邪をひいた女性

 

ウイルスなどはマスクのフィルターよりも小さいので、意味がないという話も聞きますね。確かに小さいものは通り抜けてしまいます。

ただし、入ってきてしまうとしても、マスクをしているのとしていないのとを比較したら、もちろんしている方が防ぐことができます。

 

また、もっと注目すべき点は、マスクをすることによって、喉や鼻の粘膜が乾燥するのを防ぎ、保湿ができることです。

通常、喉や鼻の粘膜は、外から入ってきたウイルスや有害物質を体外へ出して守ってくれる働きがあります。ところが、寒くなったり乾燥したりすると、この働きが鈍ってしまうんですね。ウイルスにやられてしまいやすくなります。

そこで、マスクをつけて保温・保湿をすることによって、口や鼻から入ってきたウイルスなどを体外に追い出しやすくなるというわけです。

 

また、予防できずに風邪をひいてしまったという場合は、他の人への感染を防ぐ手段として有効です。

他の人への感染経路には飛沫感染(飛んだつばで感染する)が多いので、マスクをしていれば、まわりにウイルスの入ったつばを撒き散らさないようにすることができますね。

反対に、誰かが風邪をひいていて、マスクを付けていなかった場合、あなたがマスクをつけていれば、飛散したつばを、ある程度は予防することができます。

   ウイルスに狙われる子供

 

マスクの上下・裏表の見分け方

つける時に「どっちかな?」と悩んでしまうのが、マスクの向き(上下と裏表)ですよね。

マスクにはいろいろな種類がありますので、まずは購入したマスクについている説明を読んでみてください。着用時の上下や裏表などについて指示があればそれにしたがってください。

ない場合は、下を参考にしてみてくださいね。一般的な判断法です。

 

マスクの上下はどちら?

  • 鼻部分を固定するワイヤーの入っている方が上側
  • マスクのプリーツ(ヒダヒダ)の向きが上から下にかぶさる向きになる向き

マスクの裏表はどちら?

  • マスクのプリーツ(ヒダヒダ)の向きが下向きになる方が表側(外側)
  • マスクの上下を持って軽く広げた時に、自然にへこむほうが裏側(口側)

 

マスク

 

正しいマスクの付け方

さて、マスクの効果や、上下・裏表がわかったところで、それを踏まえて正しいマスクの付け方を見ていきましょう!

 

1. 石鹸を使って手をしっかり洗います

マスクをつける前に、まずは手を綺麗に洗いましょう。既に手にウイルスなどがついていたら、それがマスクについて、口に入ってしまうかもしれません。

石鹸を使って両手を綺麗に洗ってくださいね。

 

2. マスクの上下・裏表を確認します

説明書の記載を確認し、ない場合は、上でご紹介した内容を参考に、マスクの上下・裏表を確認します。

 

3. マスクをそっと半分に折って、真ん中の位置を確認します

マスクを顔の真ん中にはめることができるように、マスクを中央で軽く折って、真ん中の位置を確認しましょう。

 

4. マスクの真ん中を鼻の上の所に合わせ、形をつくります

マスクの真ん中がわかったら、そこを鼻根部(鼻の上の方)で、目にかからない位置に合わせます。

そして、ワイヤーを鼻の形に沿って隙間ができないように形作ってください。

 

5. マスクの下の部分を開いてあごまで伸ばします

ずれてしまわないように、鼻の部分を押さえたまま、マスクの下の部分を引っ張ってプリーツを開き、顎の方までしっかりと覆います。

ここまでできたら、マスクのひもを耳にかけましょう。(鼻の部分は押さえたままで)

 

6. 隙間ができないように肌に密着させます

顎まで覆ってマスクの位置が定まったら、マスクと肌の間になるべく隙間ができないように、周囲を押さえて密着させましょう。

これでマスクの効果を最大限に活かせる、しっかりとした着用ができたはずです。

 

マスクをつける時のポイント

マスクの着用はウイルスなどの侵入を防ぐことが目的ですよね。

ですから、マスクと肌を密着させることで、ウイルスが入り込む隙間をなくすことが一番のポイントです。

鼻まわりや横など、隙間がないかしっかりとチェックしてくださいね。

 

マスクの女性

 

話題のマスクを試してみよう

スケート選手の羽生結弦さんが使っているということで、一躍有名になったすんごいマスクを知っていますか?林先生が驚く初耳学でも取り上げられて人気です。

ウィルスや花粉、PM2.5対策など、高性能かつ機能抜群で、しかもダイエット効果まであるというこのマスク。

ちょっと値段がはりますが、使い捨てじゃないので、一度試してみたいですね。

 

正しいマスクの付け方 まとめ

マスクをつけるとき、いつも「これってどっちが表?」なんて思いながら、「ま、どっちでもいいか。」と適当につけてきた人も多いんじゃないでしょうか?

次にマスクをつける時は、ご紹介した内容をちょっとだけ思い出して、やってみてくださいね。

 

わたしたちがいつもお世話になっているマスクですが、ちょっと気をつけて使えば、グンとその効果も上がります。

上手に使って、健康に毎日を過ごしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

マスクをしていると、眼鏡がくもっちゃって大変!というあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

メガネが曇らないマスクの付け方はある?曇り止めグッズや対策法はコレ!

-健康

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.