ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

暮らし

2016年のふたご座流星群を見る!方角や時間、準備する物は?

更新日:

今年こそ、ふたご座流星群を見る! 方角や時間、準備する物は?

毎年11月のおわり頃になると、「12月にふたご座流星群を見よう!」というPOPを見かけませんか?一緒に双眼鏡を売っていたりしますね。その時は絶対に見るぞ!と思っていても、うっかり忘れてしまうことが多いですよね。

ニュースでも「今夜ふたご座流星群が見られます。」と情報を流しますが、何せ当日だと急すぎるので、結局見逃してしまうことが多いのではないでしょうか。

 

そこで、今年こそは見逃さないよう、ふたご座流星群についてのいろいろをご紹介します。見える日にち、時間、方角などをしっかりと頭に入れておけば、バッチリです!

一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は三大流星群のひとつです。三大流星群とは、流星群の中でも毎年安定した活動で出現数が多いもので、

  • 1月のしぶんぎ座流星群
  • 8月のペルセウス座流星群
  • 12月のふたご座流星群

をいいます。このうち、ふたご座流星群は、毎年12月4日頃から17日頃に活動します。

 

星観察

 

2016年のふたご座流星群を見るには

ふたご座流星群が見られる日にち・時間・ピークはいつ?

【ふたご座流星群を見るおすすめの日時】

 2016年12月13日(火)の日没~14日(水)の明け方

 

今年のふたご座流星群を見るのにおすすめなのは、12月13日の日没~14日の明け方です。見逃してしまった場合は、12月14日の日没~15日の明け方です。

極大(ピーク)となるのは、12月14日の午前9時ですので、なるべく近い13日〜14日に見るのがおすすめです。

 

2016年のふたご座流星群は見やすい?

2016年のふたご座流星群の観測は、すこし条件が良くないようです。ちょうど満月になるため、空が明るく、星が見えにくくなっています。見るときは、なるべく月を一緒に見てしまわないようにするといいですね。

また、上で述べたように、ピークが朝(14日の午前9時)のため、ピーク時の大量の星を見ることができないのが残念ですね。

 

でも、数の多い流星群には間違いありませんので、その中でも一番よく見えそうな13日の日没〜14日の明け方に頑張ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

ふたご座流星群が見える方向

「ふたご座流星群」ですから、もちろんふたご座が流星群の中心(輻射点)となります。流星群を見たいと思ったら、まずは空のふたご座を探せばいい訳ですね。

ただし、空を見上げていればいくつも流れ星を見ることができますので、ふたご座の位置がわからなくても、問題ありません。空全体を見ていましょう。

 

ふたご座の見つけ方としては、まずは誰もが一度は見たことがあるであろう、メジャーなオリオン座を見つけると簡単です。図のような感じで、オリオン座が見つかったら、近くにある2つの明るい星(ポルックスとカストル)が双子の頭です。

 

ふたご座

 

また、空の星を探すのに便利なアプリがあります。それは、天体観測アプリ『Star Walk 2』。このアプリを使うと、簡単に空の星の位置がわかるんです。

なんと、スマホを空に向けると、そこに見えている星座を教えてくれるという、素敵なアプリで、画面もとても綺麗です。これを入れておくのもいいですね。普段ふと夜空を見上げたときにも使えて楽しいですよ。

 

流星の出現数は?

年によって多少違いがありますが、ピーク時には1時間あたりに数十個ほどの流星が出現します。近年ふたご座流星群は、ペルセウス座流星群にせまる出現数になることもあり、多い年なら100個前後出現する場合もあります。

流星群を見たいなら、12月のふたご座流星群はおすすめです。

 

 

流星観測で準備するといいもの

ふたご座流星群を見に、どこかへ出かける場合には、いろいろと持っていった方がいいものがあります。外は寒いので防寒対策もしっかりしてくださいね。

快適な状態で、美しい流星群を観測しましょう!

  • 星座早見盤

  • 方位磁石
  • 双眼鏡
  • カイロ
  • 
温かい飲み物
  • 
シート(寝て空を見る時)
  • 
防寒着(とっても寒いので)

  • 懐中電灯(まぶしくないよう赤いセロハンを貼るといい)
  • カメラ

 

今年は忘れずにふたご座流星群を見よう!

2016年のふたご座流星群の見頃は、12月13日(火)の日没~14日(水)の明け方です。平日なので、うっかり忘れてしまいそうですね。早めにスマホのカレンダーに登録しておきましょう。

会社帰りや家で、夜にちょっとだけ見るのももちろん良いですが、山や森など自然の広がっている所だと、真っ暗で街の明かりがないので、流星がひときわキレイに見えます。近場であれば、会社を休まなくても行けますね。

 

また、会社を休めたり、時間がある場合は、流星見学ツアーなどに参加するのもおすすめです。

今年こそ、ふたご座流星群を楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

-暮らし
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.