名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2017!駐車場やアクセスは?

      2017/01/10

しだれ梅

だんだん暖かくなってくると、いろいろな花が咲き始めます。そんな時、まず見たい植物が「梅」ですね!

名古屋市農業センター(dela ふぁーむ)には「しだれ梅」がたくさんあり、見頃になるととても綺麗でおすすめです。普通の梅もいいけれど、しだれ梅なので、風が吹くとピンクの枝がゆらゆらと揺れてとても素敵なんですよ〜!

 

見頃の時期には「しだれ梅まつり」も開催されますので、ぜひ行ってみてください。

今回は、名古屋市農業センター(dela ふぁーむ)の、しだれ梅祭りの内容、開花時期や見頃、駐車場やアクセスなどをご紹介します。

※dela ふぁーむ(でらふぁーむ)は、名古屋市農業センターの愛称です。

 

スポンサーリンク

 

名古屋市農業センター しだれ梅まつり2017

★しだれ梅まつり2017

【開催日】2017年2月23日(木)~ 3月20日(月)
【時 間】午前9時~午後4時ま30分まで
【入場料】無料
【場 所】名古屋市農業センター dela ふぁーむ(でらふぁーむ)
【住 所】名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3
【電 話】(052) 801-5221

ウェブサイト 名古屋市農業センターdelaふぁーむ facebook

 

名古屋市農業センター しだれ梅まつりへのアクセス

しだれ梅まつりの期間中、特に土・日・祝は、名古屋市農業センターの駐車場に入る車の列がずら〜〜っと並び、何十分も待つことになります。車でなく、地下鉄がおすすめです。

地下鉄・バス

◎最寄り駅は、地下鉄鶴舞線「平針駅」です。平針駅からの行き方は3通り。

  1. 徒歩約20分
  2. 市バス1番のりば「地下鉄原」行き→「農業センター北」下車→徒歩約5分
  3. まつり期間中の土・日・祝のみ、臨時バスが運行されます

◎もうひとつの最寄り駅は、地下鉄鶴舞線「赤池駅」です。赤池駅からの行き方は2通り。

  1. 徒歩約20分
  2. 名鉄バス2番乗り場「前後」または「祐福寺」行き→「荒池」下車→徒歩約6分

地下鉄「平針駅」または「赤池駅」から歩く場合は、下の地図を参考にしてくださいね。春が近く気持ちのいい季節ですので、普通の体力の方なら、ぶらぶらと歩いて行くのがおすすめです。

下にあるように、徒歩にすればカロリーが消費できますので、農業センターについたら、大人気の美味しいジェラートを食べちゃいましょう!

徒歩道順

 

地下鉄「平針駅」または「赤池駅」からの、バスの時刻表は以下です。

バス時刻表

車で

◎ナビへの入力

  • 「名古屋市農業センター」 「でらふぁーむ」 
  • 名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3(住所)
  • 052-801-5221(電話)

車で行く場合は、駐車場に入るまでの渋滞を覚悟する必要があります。

車で行く場合は、南側から来て「農業センター北」の信号を左折するようにしましょう。(上の徒歩用地図参照)北側から来ると右折になり、なかなか入ることができません。自動車の列も南から来る方が短いです。

駐車場

名古屋市農業センターの駐車場は普段は無料ですが、しだれ梅まつりの期間中は有料になります。

  • 普通車:1回500円
  • 自動二輪・原付:1回150円

農業センターの周辺にはコインパーキングはありません。

 

スポンサーリンク

 

名古屋市農業センターのしだれ梅 見頃はいつ?開花状況は?

しだれ梅の見頃の時期は、例年2月の中旬頃〜3月の初旬です。ちょうど、しだれ梅まつりの時期ですね!

開花状況は、農業センターのfacebookで発信していますので、行く時にチェックしてくださいね。

 

名古屋市農業センター しだれ梅まつり イベント・見所

イベント

しだれまつり期間中は、農業センターの敷地内でいろいろな催し物があります。

  • 青空市
  • 新鮮な野菜販売
  • 大道芸人
  • 抹茶呈茶席
  • キッズ遊び場 他

※イベントは変更がある場合があります。

 

動物たち

農業センター内にはいろいろな動物がいます。

  • ヒヨコ
  • モルモット
  • 羊 他

子どもは大喜びです。ヒヨコがふ化するところを見ることができる施設もあります。

牛

 

食事

農業センターの中の、農業指導館内に簡単なレストランがあります。定番のうどん・ スパゲティ・カレーから、名古屋コーチンをつかった美味しそうなメニューまで揃っています。また、しだれ梅まつりの期間は、広場にフードコーナーができた り、キッチンカーなども出ていますので、ランチなど食事も大丈夫です。

もちろんおにぎりやサンドイッチをお弁当にして持っていくのもおすすめ! もしくは、地下鉄で来るならば、駅の周辺で調達するといいですよ。

 

農業センターのしだれ梅園の奥の方に行くと、芝生やベンチがありますので、しだれ梅を見ながらのお弁当は格別です。

デザートなら、ミルク工房のジェラートがイチオシです! 農業センターで絞った生乳を使って作ったジェラートです。時間によっては大行列ができていたりするので、空いている時を見計らって行ってみてください。

 

温室

小さめですが温室もあります。ベゴニアが綺麗に咲いています。無料なので入ってみてください。

 

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりを楽しんで

農業センターのしだれ梅は、本当に見事です。車で行く場合は駐車場待ちが大変ですが、入ってしまえばゆっくりできます。

入場料もかからず、お弁当も持ち込みできますので、小さい子どもさんのいるご家族連れでも、安心してゆっくり楽しめます。

ぜひ行ってみてくださいね! 

スポンサーリンク

 - おでかけ