ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

健康

インフルエンザにかからない人の特徴!かかる人との違いは何?

更新日:

マスクと体温計

寒くなってくると、インフルエンザが流行る時期になりますね。なるべくかからないように気をつけている人も多いんじゃないでしょうか?

でも世の中を見渡してみると、インフルエンザにかかる人とかからない人とに別れているように見えますよね。毎年インフルエンザにかかっている人もいれば、いつも、元気いっぱいの人がいます。

 

一体両者の違いは何なんでしょうか?インフルエンザにかからない方法や条件があって、簡単にできるのであれば、やってみたいですよね。

ということで、今回は、インフルエンザにからない人の特徴や、かかる人との違いを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたはインフルエンザにかかる人?かからない人?

以下の項目を見ていってください。あなたにいくつあてはまりますか?

□毎日仕事・家事で疲れている。

□ストレスがたまっている。

□人が多いイベントに行くのが好き。

□部屋が乾燥している。

□顔を触る癖がある。

□寒いのでしっかり手を洗わない。

□ついついスマホで寝不足になる。

□カップラーメンやインスタント食品を多く食べる。

□ほとんど歩かない。運動が嫌い。

 

これらは全部、インフルエンザにかかりやすい人の特徴なんです。チェック項目が多いほど、インフルエンザにかかりやすい人ですよ〜。

 

インフルエンザにかからない人の特徴は?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染すると、かかってしまう病気です。ですから、

  • もともと免疫力がある人
  • 免疫力を高めるような行動を取っている人
  • ウイルスが感染しないような行動を取っている人

というのが、インフルエンザにかからない人です。

もともとの体質もありますが、あなた自身が少し行動を変えてみることで、グンと「インフルエンザにかからない人」に近づく事ができます。

 

インフルエンザにかからない人の特徴1:遺伝的に免疫力がある

インフルエンザに限りませんが、生まれもっての免疫力の強さというのがありますね。病気やウイルスなどがやってきても、はねかえす力があるということです。

これはもう遺伝的な部分によるものなので、基本は変えようがないところです。両親や兄弟がインフルエンザにかかりやすい場合、遺伝的にあなたも同じだと言えます。

 

家族

 

インフルエンザにかからない人の特徴2:免疫力を高めるような行動を取っている

遺伝的にあまり免疫力がない場合でも、毎日の生活の中で、免疫力を高めることをしていれば、インフルエンザにかかりにくい人になる事ができます。

例えば、以下のような生活習慣の人は、インフルエンザにかかりにくい人です。

 

十分な睡眠をとっている

睡眠をしっかりととることは、健康の基本ですね。ついつい遅くまでスマホを見ながら夜更かししていませんか? 睡眠不足になると体の免疫力が下がります。インフルエンザが流行る時期は特に意識をして、しっかりと睡眠を取ることが必要です。また、心地よく寝られる布団、まくら、などを揃えて、睡眠の質も上げてくださいね。

 

ストレスや疲労をためない

毎日の生活の中で、ストレスが無いという人は殆どいないんじゃないでしょうか? 仕事で大きなプロジェクトをかかえていたり、育児で悩んでいたりと、大きなプレッシャーによって、ストレスがたまりがちですよね。

これをなるべく減らすことが大切です。あなただけのストレス発散法を作っておくのがいいですね。日々のストレスは仕方なくても、いくらか発散することができれば、免疫力が上がります。趣味の楽しいことなどを積極的にするのがおすすめです。

また、がんばりすぎて疲労がたまったら、無理せずしっかりと休息するということも意識してみてくださいね。お風呂にゆっくりつかって、マッサージなどしてみるのもいいですね。

 

バランスの取れた食事をとっている

一人暮らしの場合、食事を作るのが面倒で、カップラーメンやインスタント食品などで済ませていたりすることが多いですね。これはNGです。できるだけバランスのとれた食事を心がけましょう。

とは言っても、いきなり変えるのは難しいと思いますので、カップラーメンなら、野菜やくだものを1品一緒に食べる、というように、ちょっとだけ変えて行くといいですね。

 

適度な運動をしている

やはり運動不足は不健康になって、免疫力が低下します。軽くでいいので体を動かして代謝を上げ、体の中を活性化させましょう。わざわざジムに行ったり、キツイランニングをする必要はありません。

会社員なら、通勤のときに1駅手前で降りて歩く、主婦なら、買い物へ行くときにちょっと遠回りする、といった感じでOKです。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザにかからない人の特徴3:ウイルスが感染しないような行動を取っている

あなたの体を改善して、中から免疫力を上げる方法の他に、外からのウイルスをブロックすることで、インフルエンザにかからない人に近づけます。

 

手洗い・うがいをしている

外出から帰ったら、手洗いとうがいをするといいのは、もう子供のときから聞いていますね。でも、侮ってはいけません。これが一番効果があるんです。大人はもちろん、免疫力の弱い子どもには特に習慣化させるといいです。

 

マスクをしている

冬になると、よく街でくしゃみや咳をしている人を見かけますよね。インフルエンザウイルスは「飛沫感染」といって、感染者が咳やくしゃみで飛ばした唾液を介して感染することが多いです。

ですから、他の人からの飛沫感染を防ぐために、マスクをするのがおすすめです。鼻と口の両方を覆ってくださいね。

 

人混みの多いところに行かない

人の多く集まる所に行くと、当然インフルエンザウイルスに感染する可能性が高くなります。インフルエンザが流行っている時期は、なるべく人混みを避けるのがベターです。どうしても行かなくては行けない場合は、マスク着用がおすすめです。

 

消毒をしている

インフルエンザの感染法は、上でご説明した「飛沫感染」の他に、「接触感染」というのもあります。感染者が咳をしたときに手で口を覆うと、手に唾液がつきます。この手で手すりなどをさわるとウイルスがくっついて、その後に手すりを触った人の手に移ります。普段から顔を触る癖のある人は、手についたウイルスが口や鼻などから入り込んでしまうんですね。

子どもなど、家族内で感染者が出た場合は、家の中の手すりやテーブルなど、感染者が触ったところをなるべく消毒するといいです。なるべく小さい子どもにも安全な消毒スプレーを使用しましょう。

 

 

部屋を加湿する

インフルエンザウイルスは乾燥を好みます。部屋が乾燥しているときは、加湿器などで湿度をあげてやると、ウイルスを減らすことができます。詳しくは下の記事でご紹介していますので、チェックして見てくださいね。

参考記事インフルエンザ予防対策は湿度が決め手!加湿器を使おう!

 

予防接種をする

予防接種ももちろんおすすめです。予防接種というと、なんとなく子ども用のイメージがありますが、大人ももちろんしておくといいですね。

予防接種をするのは効果的ですが、免疫がつくまで2週間程度かかりますので、早めに受けておきましょう。インフルエンザは、たいてい1月頃から流行しますので、遅くても12月始め頃までには受けるのがおすすめです。

 

インフルエンザにかからない人の特徴!かかる人との違いは何?のまとめ

いかがでしたか?ある人たちがインフルエンザにかからない理由がわかって、ちょっとすっきりしましたよね。それに、なんと内容は誰にでもできる内容ばかりでした。基本は簡単、

  • 身体の免疫力を高める事をする
  • ウイルスが感染しない予防の行動を取る

の2つです。

 

自分はもちろん、家族がインフルエンザになると、とっても心配でブルーになりますよね。ぜひ今回ご紹介した内容を試してみて、免疫力&予防効果UPで、インフルエンザにかかりにくい人になってくださいね!

 

スポンサーリンク

 

-健康
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.