ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

暮らし

失敗した年賀状は捨てないで!交換・寄付など賢く節約!

投稿日:2015年12月10日 更新日:

書き損じ年賀状

自分でデザイン・印刷をしたオリジナルの手作り年賀状を送るのは楽しいですね。

でも、作っている時、反対向きに印刷をしてしまったり、うっかりメッセージを書き損じてしまったりして、数枚の年賀状をムダにしてしまうことも多いと思います。また、年賀状は大抵すこし多めに買うので、使わず余ってしまったりします。

そんなハガキ、あきらめて捨てていませんでしたか? 

実は書き損じてしまった年賀状は、郵便局で交換してもらえます。手数料や交換期限、その方法などをご紹介します。また寄付することもできますので、書き損じてしまっても、もったいないので捨てないでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

書き損じた年賀状は郵便局で交換してもらえます

書き損じてしまったり余ってしまった年賀状は、郵便局で交換してもらえます。

コンビニでも年賀状を売っていますが、コンビニでは書き損じはがきは交換してもらえないので注意してくださいね。

 

手数料

交換にかかる手数料は、はがき1枚につき5円です。

5円で交換してもらえるなら、持ち込まない手はないですね。節約になります。

 

交換できるもの

書き損じた年賀はがきは以下の物に交換できます。

  • 今年の年賀はがき(年賀状の販売期間内のみ)
  • 通常のはがき
  • 切手
  • 郵便書留
  • 特定封筒(レターパック)

払い戻しはできません。

現金にしたい場合は、交換してもらったはがき・切手を金券ショップなどに持ち込みましょう。

 

書き損じ年賀状の交換可能な期間はいつまで?

郵便局

今年の年賀状の書き損じを今年の年賀状に交換したい場合は、年賀状の販売期間内のみ交換可能です。

通常のはがきや切手への交換であれば、期限はありません

今年の年賀状に交換する必要がなければ、お年玉くじの番号をチェックしてから交換した方がいいですね。

無料で交換が可能な場合

近親者がに不幸があって、購入した年賀状を利用できなくなった場合は、無料ではがきや切手(弔事用切手も)と交換が可能です。

ただし、窓口で専用の請求書を使用して請求しなければなりません。あなたの氏名・住所・故人との続柄などの記入が必要です。

古い年賀はがきや通常のはがきの書き損じ

古い年賀はがきも交換できますが、今年の年賀状には交換できません。通常のはがきか切手との交換になります。

また、年賀状だけでなく、通常のハガキの書き損じももちろん交換できます。

 

スポンサーリンク

 

はがき以外の書き損じも交換可能です

郵便局ではいろいろな物の書き損じが交換可能です。

交換可能なもの一覧

年賀状は交換してもらえる事を知っていても、レターパック封筒やエクスパック封筒などまで交換してもらえる事を知っている人は少ないんじゃないでしょうか?

ぜひ利用したいですね。

 

書き損じ年賀状は寄付もできます

書き損じた年賀状・ハガキや、いらなくなった未使用のハガキを寄付することができます。

寄付先はネットで検索するとNPOなどたくさん出てきますので、応援したいと思うところを選んでくださいね。盲導犬協会への寄付ができるところもあります。

寄付されたはがきは、上でご紹介したように、郵便局で新しいハガキと交換されます。それを金券ショップで買い取りをしてもらい現金化されます。

捨てられる運命だったハガキが、世の中の役に立つと思うと嬉しいですね。

 

まとめ

今年だけでなく、去年失敗してしまった年賀状もたまっていたりしたら、是非交換に行ってくださいね。

5円で交換できるのでとっても節約になります!

また、寄付として使えるのであれば、書き損じもまあいいかなって思えちゃいますね。

 

スポンサーリンク

 

-暮らし
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.