ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

蚊に刺されやすい人の特徴6つ!血液型や服の色、体温も?

   

蚊取り線香

だんだんと蚊が出てくる季節になりますね。知らないうちに蚊に刺されて、かゆくてたまらない!というのは、誰しも経験したことがありますよね。

この憎い蚊ですが「同じ場所にいるのに、いつも自分だけ蚊に刺される!」という人はいませんか?「若くて美味しいから、蚊も好んで刺すんだよ。」なんて会話も聞くことありますね。

 

蚊に刺されやすい人ってあるんでしょうか?蚊が好む要因があるのなら、それに対する対策を取ることができるかもしれません。

一体どんな事が、蚊を寄せ付ける原因になっているのか?今回は、それをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

蚊はなぜ刺すの?なぜかゆくなる?

蚊の活動時期は4月〜11月ぐらいとなっています。気温としては22〜30℃だと活発に活動するので、夏にたくさん見かけるんですね。

人を刺して血を吸うのはメスの蚊です。産卵のためにタンパク質が必要なため、人を刺して血液を吸っているんです。

 

蚊に刺されるとかゆくなるのは、蚊が刺したときに注入する唾液のせいです。蚊の唾液には血液を固まらせない成分と、刺したときの痛みを感じさせない麻酔成分が入っていて、これに対して皮膚がアレルギー反応を起こすため、かゆくなるんですね。

 

蚊に刺される 

 

蚊に刺されやすい人はどんな人?

面白いことに、蚊に刺されやすい人にはいくつかの傾向があります。「いつも自分だけ刺される!」と思っているあなたは、当てはまっていますか?

 

暗い色の服を着ている人

あなたは普段、黒や紺などの暗い色目の服を着ていませんか?

蚊は色の識別を白黒でしていて、暗い色を好みます。そのため、暗い色の服を着ていると好んで寄ってきます。反対に、明るい色の服にはあまり寄ってきません。

同じ理由で色白な人よりも、色黒の人の方が蚊に刺されやすい傾向があります。

 

汗をかいている人

あなたは汗っかきですか?

蚊は皮膚の汗や脂に寄ってきます。夏の暑い日や、運動後で汗をたくさんかいたときなどは、蚊に刺されやすい状態となっています。

また、足は特に臭いや汗がつきやすいため、足は意識して清潔にしておきましょう。

 汗

 

血液型がO型

あなたの血液型はO型ですか?

ちょっと笑ってしまいますが、血液型で蚊が寄って来る度合いが違うという実験結果があります。

1:O型
2:B型
3:AB型 
4:A型

詳細 ABO式血液型、分泌・非分泌型と蚊の嗜好性について

 

なんと、O型が一番蚊に刺されやすいんですね。実際には様々な要因があり、血液型と刺されやすさについて証明はされていませんが、話のネタにとして盛り上がりそうですね。

 

お酒を飲んだ人

蚊は二酸化炭素を目印にして、人のいるところに集まってきます。

呼吸で二酸化炭素を出すのは仕方ないですが、お酒を飲むと、体がアルコールを分解するときに二酸化炭素量が作られるため、息に含まれる二酸化炭素が普通よりも増えてしまいます。これにより、より蚊に刺されやすくなってしまうんですね。

 

ビール

 

肌の露出の多い人

当たり前ですが、肌の露出が多ければ、蚊が狙える面積も多くなりますので、刺されやすくなります。同じ理由で、太り気味の方は、細い人よりも体の表面積が広くなるため、蚊に刺される機会が増えます。

また、蚊に刺される部位としては、が多いため、足を出している服装の場合は刺されやすくなってしまいます。

 

体温の高い人

蚊は温かいものに寄ってきます。

妊娠中の女性や子ども、赤ちゃんは体温が高めなため、蚊に刺されやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

蚊に刺されないための対策

蚊にさされないようにするには、上でご紹介した、蚊に刺される原因の内容の逆を考えればわかりやすいですね。

  • 明るい色の服を着る
  • 汗をかいたら、すぐ拭く。お風呂・シャワーで体を清潔にしておく
  • アルコールは飲まない、または控えめに
  • 肌の露出を少なくする

自分でなんとかできる対策は、こんな感じですね。もちろん市販の虫除けスプレーなども効果的です。

 

虫除け

 

蚊に刺されてしまったら

蚊に刺されるととてもかゆいので、強くかいたり爪で押したりしてしまいますが、皮膚が傷ついてあとになったりします。特に女性は気をつけてくださいね。

市販のかゆみ止めを塗りましょう。かゆみ止めが無い場合は、冷やすのも効果的です。

 

まとめ

蚊は刺されるとかゆいだけでなく、病気を媒体することがありますので、なるべく刺されないようにしたいですね。

ご紹介した内容を参考にして、今年の夏は蚊に刺される機会を減らしてくださいね。また、一人だけ刺されている人がいたら「血液型O型?」と聞いて盛り上げるのもお忘れ無く!

 

スポンサーリンク

 

 - 健康