ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

季節の行事

2017年の「中秋の名月」はいつ?満月ではないってホント?

投稿日:2016年7月19日 更新日:

月見

暑かった夏も過ぎて、だんだん秋っぽくなってきましたね。秋といえば、すすきを飾ったお月見なんて風流でいいですね。

そして、お月見といえば「中秋の名月」。今年も、まんまるの満月をみながら月見団子を食べちゃおうかな〜と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

でも、この間、びっくりすることを耳にしたんです。中秋の名月の日に見えるお月様が「満月」ではないとか何とか…。

本当なんでしょうか?中秋の名月の意味や日にち、月は本当に満月なのか、など、一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)とはどういう意味?

まずは、「中秋の名月」についておさらいをしておきましょう。読み方は、「ちゅうしゅうのめいげつ」です。

中秋の名月とは、中秋の日に見られるお月様のことです。

 

中秋というのは、名前の通り、秋の真ん中の日を表していて、旧暦の8月15日のことです。(旧暦の季節区分 春:1〜3月、夏:4〜6月、秋:7〜9月、冬:10〜12月)現在の暦で言うと、下のような日にちになります。

2017年は10月4日が中秋です。

 

【中秋の日にち】

  • 2017/年:10月4日(水)
  • 2018/年:9月24日(月)
  • 2019/年:9月13日(金)
  • 2020/年:10月1日(木)

 

また、お月見と言えば「十五夜」という言葉も思い浮かびますね、十五夜と中秋の名月は違うんでしょうか?

十五夜というのは、毎月15日(旧暦)の夜のことです。ですから、十五夜は1年に12回あって、秋の9月15日だけを差すわけではないんですね。

 

にもかかわらず、秋の十五夜だけが、お月見と関連づけられています。これは、秋は空気が乾燥していて月が綺麗に見える時期であること、また、暑すぎず寒すぎずと、気候もちょうどいいため、わたしたちが快適に月見ができるから、とが考えられますね。

  お月見

 

中秋の名月は満月ではないの?

さて、この「中秋の名月」・「十五夜」ですが、多くの人がこの日は「満月」が見える日だと思っていることでしょう。

ところが違うんです。満月の日もありますが、必ず満月と言うわけではありません

 

中秋の名月の日と、実際の満月の日を表にしてみました。

  中秋の名月の日(旧暦9月15日) 実際の満月の日
2016年 9月15日 9月9日
2017年 10月4日 10月6日
2018年 9月24日 9月25日
2019年 9月13日 9月14日
2020年 10月1日 10月2日
2021年 9月21日 9月21日
2022年 9月29日 9月29日
2023年 9月18日 9月18日

 

ごらんのように、今年の2016年から2020年までの5年間、中秋の名月と実際の満月の日がぴったりと合っている年がないんです。ちょっとびっくりですね。

次に、ぴったり満月になるのは、2021年です。そして、なんと2023年までの3年間は続けて、満月になっています。でも、どうやらぴったり合う事の方が少ないんですね。

 

スポンサーリンク

 

中秋の名月にはお月見をしよう

なんと、中秋の名月の月は、必ずしも満月ではないということがわかりました。今年の中秋の名月に、友達や家族とお月見をする場合は、これをウンチクとして披露してくださいね!

でも、多少のずれであれば、ほとんど満月に見えて全く問題ないですし、月を愛でる気持ちには変わりないですね。この風流な日本人の感性を大事にしていきたいものです。

 

今年も、中秋の名月にはお月見を楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

-季節の行事
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.