車の暑さ対策はこれでバッチリ!夏のドライブを快適に!

      2016/06/20

ドライブ

真夏に車に乗ろうとしたら、車内がサウナのように暑くなっていて、しばらく乗れなかった、という経験はありませんか?我慢して乗り込んだら、ハンドルがとても熱くなっていて持てないという事もありますね。

真夏の車内の温度は、なんと50度以上にもなるんです。

 

すぐにクーラーをつけても、なかなか涼しくならない夏の車内。この車内の熱気、なんとかならないもんでしょうか?大切な用事で出かけるときは、車に乗るだけで汗をかいてしまうのは防ぎたいですね。

自分でも簡単にできそうな方法はないか、見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

普段からやっておける車中の暑さ対策

まずは、普段からやっておくことができる、車中の暑さ対策からとりかかりましょう。

 

サンシェード

サンシェードは基本ですね。一番大きくて直射日光が入りやすいのは、フロントガラスです。ここをサンシェードで覆って影を作り、ダッシュボードや車内の温度が上がるのを防止しましょう。

暗い色のサンシェードは熱を吸収してしまいますので、なるべく白っぽい色、またはシルバー系のものを選ぶと効果的です。フロントガラスをしっかりカバーして、ダッシュボードに直射日光があたらないように、大きめのものがいいですね。

 

また、横の窓に吸盤ではりつけることのできる、小型のメッシュのサンシェードも使うといいですね。いつでも取り外しができるので楽ちんです。

どちらのサンシェードも、100円均一でも売っていますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。あるとないとでは全然違います。

 

また、ハンドルが触れないほど高温になっていることがありますので、ハンドル部分にもタオルなどをかけておくのをおすすめします。

 

車 

 

窓に断熱フィルム・UVカットフィルムを貼る

側面の窓には、断熱フィルムUV(紫外線)カットフィルムを貼るのも効果的です。窓用フィルムは暗くなるからイヤだという人も多いですが、透明のものもありますので、見てみるといいですね。ただし、自分で綺麗に貼るのはなかなか難しいかもしれません。

 

窓を少し開けておく

窓をほんの少しだけ開けておくという方法もあります。空気の出入りができるので、密閉状態よりもおすすめです。

ただし、開ける場合は、サイドバイザー(窓の上についている雨よけ)のある窓のみで、サイドバイザーより下に下げないようにしましょう。外から見て、窓が開いているとわかる場合、防犯面でよくありませんので、気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

その場でできる車中の暑さ対策

次は、夏にでかけて駐車しておいた車の車内が高温になった場合に、その場でできる対策です。

 

ドアの開け閉めで、車内の熱を外に出す

車内に充満した熱を効率的に車外に出す方法です。

  1. 後部座席左側の窓を全開にする
  2. 運転席のドアを、数回開け閉めする

これで、効率的に車内の熱い空気が外に出て、外の空気が中に入ります。あまりバンバンやらず、やさしくやりましょう。

助手席のドアを開け閉めする場合は、後部座席右側の窓を開けます。対角線上になる窓を開けましょう。

 

トランクを開ける

トランクの中も熱気がこもっていますので、走り出す前に一度開けて、熱を出してやりましょう。

 

走り始めはしばらく窓を開ける

走り始めるときは窓を開けて、さらに車内の熱い空気を出しましょう。この時も、対角線上の窓を開けると効果的です。

  • 運転席の窓+後部座席左の窓 を開ける
  • 助手席の窓+後部座席右の窓 を開ける

冷房をつけ、しばらくして冷えてきたら窓を閉めます。

 

麦わら帽子

 

駐車するときは屋内・日陰に

お出かけ先で駐車場に車を止めるときは、できるだけ屋根のある屋内駐車場を選びましょう。もしくは、木などで日陰になっている所もおすすめです。

 

チャイルドシートに注意!

車内に置いてあるチャイルドシートも、もちろん高温になりますので、注意が必要です。特に金具部分が高温になっていますので、お子さんが火傷する危険性があります。

必ず、親御さんがさわってチェックしてから、座らせるようにしてくださいね。保冷シートなどを使うのもいいですね。

 

真夏も快適なドライブを

夏の暑い車内を少しでも涼しくする方法をご紹介しました。

今年の夏は、ぜひ試してみて、少しでも快適なドライブを楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

 

 - 暮らし