ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

みょうがを食べると物忘れをする?実は正反対の栄養効能が!

   

みょうが

夏になるとスーパーの棚に「みょうが」が並びますね。冷や麦やそうめんを食べるときの薬味にしたり、お味噌汁に入れたり。何にでも合って、とっても美味しいですよね!

この「みょうが」、「食べると物忘れをする」と言われていますよね。これは本当なんでしょうか?

 

実際に、物忘れを誘発するような成分が含まれているのかどうか、みょうがの栄養・効能について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

「みょうがを食べると物忘れをする」の由来

実は、みょうがを食べると物忘れがひどくなる、という説は、ただの迷信です。安心してたくさん食べましょう!

 

はて?

 

この迷信にはこんな由来があります。

お釈迦様の弟子に、摩河槃特(まかはんどく)と周利槃特(しゅりはんどく)という兄弟がいました。兄の摩河槃特は物覚えが良くて、仏教の教えをよく理解できたのですが、弟の周利槃特は物覚えが悪く、自分の名前さえ覚えることができませんでした。

そこで、お釈迦様は彼のために、名前を書いた札(名荷:みょうが)をつくってやりました。周利槃特はいつもその名荷を下げて修行をしていました。

 

彼は、物覚えは悪かったのですが、お釈迦様や兄に助けられながら、一生懸命努力し、最終的には聖者という高い位まで上がっていくことができました。

そんな周利槃特が亡くなった後、彼のお墓から見たことのない植物が生えてきました。周利槃特がいつも自分の名前を書いた札(名荷:みょうが)をかけていたことから、その植物は同音の「茗荷(みょうが)」と名付けられました。そして、同時に周利槃特の「物忘れ」も結びつけられたんですね。

 

みょうがの栄養

さて、では実際みょうがにはどんな栄養があるんでしょうか?みょうがにはビタミンやミネラルが含まれています。

 

みょうが

 

ビタミンB1・B2

身体の代謝を上げて、身体のはたらきを活発にします。

 

ビタミンC

抗酸化作用で、肌の老化を防ぎます。

 

カリウム

身体の余分な塩分を体外に排出してくれます。

 

葉酸

貧血を予防し、血液を元気にします。

 

スポンサーリンク

 

みょうがの効能

みょうがには身体にいい効能がいろいろあります。

 

集中力を上げる

みょうがのあの独特な香りの中には、アルファピネンという成分が入っています。この香味成分が脳を刺激することによって、脳が活発化し、頭がすっきりするので、集中力を上げる効果が期待できます。

みょうがを食べると物忘れが酷くなるどころか、集中力アップになるんですね。多くの人に誤解をされているみょうががちょっと可哀想ですね。

 

食欲増進・身体の活性化

アルファピネンには他にも、血の巡りをよくしたり、発汗作用、食欲増進などの効果があります。夏に冷房で冷えた身体を元気にしたり、暑さによる食欲減退を改善するのによさそうですね。

 

元気な女性

 

ホルモンバランスを整える

血の巡りが良くなるため、生理痛、生理不順、更年期障害など、女性にとって嬉しい効果が期待できます。

 

解毒作用・抗菌作用・デトックス

抗菌作用・解毒作用により、のどの痛みや口内炎に効果があります。また、発汗を促し、身体に不要な物を排出するなど、デトックス効果も期待できます。

 

みょうがを食べて集中力アップ!

こんなにたくさんの効能があるみょうが。今年の夏もおいしくいただきたいですね。

あなたが次にみょうがを食べる機会があったら、一緒にいる家族や友達に、「みょうがで物忘れが酷くなるというのは、間違っていて、本当は脳を活性化させて、集中力がアップするんだよ!」と、ぜひ教えてあげてくださいね!

みょうがの名誉挽回をしてあげましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - 食べ物