ハテ?なる! - ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

ちょっと役立つ豆知識&生活の知恵

父の日に贈る花の種類って何?黄色いバラ・白いバラ?

   

父の日

6月の第三日曜日は父の日ですね。何をあげようかと考えている人も多いんじゃないでしょうか。母の日と比べてちょっと存在感の薄い父の日ですが、日頃の感謝を込めてプレゼントをしたいですね。

でも、ふと疑問に思ったことはありませんか?母の日に贈る花といえばカーネーションですが、父の日って何か決まったお花があるんでしょうか?

 

そこで今回は、父の日の定番の花の種類は何なのか。また、おすすめのお花はあるのか、などについて見ていきたいと思います。

父の日のプレゼント売り場に行くと、黄色いバラや白いバラのディスプレイやイラストを見かけますよね。ということは、父の日のお花はバラなのかな…?

お父さんにお花を贈ろうと思っている人は、ちょっと読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

父の日の花って何?

母の日の花といったら誰もが「カーネーション」と答えると思いますが、父の日の花は?と聞かれたら、分からないですよね。

父の日というのは、もともとアメリカでうまれたのですが、提唱者であるソノラ・スマート・ドットという女性が、お父さんのお墓に白いバラをお供えしていたことから、「父の日=バラの花」と結び付けられました。

 

また父の日には、お父さんが亡くなっている場合には白いバラ、健在の場合は赤いバラを身につけるのが伝統となっていました。

ということで、日本ではあまりポピュラーではありませんが、父の日の由来から見ると父の日の公式の花は「バラ」なんですね。

バラ

父の日に黄色のバラを見るのはなぜ?

でも、日本では父の日というと「黄色いバラ」をよく目にしますね。これはなぜでしょうか?

それは、日本ファーザーズ・デイ委員会が行っている「ファーザーズ・デイ イエローリボンキャンペーン」の影響です。

この委員会が、嬉しさ・楽しさ・幸せ・希望などのイメージのある「黄色」と父の日を結びつけ、活動をしてきた結果、一般にも浸透したというわけです。

 

父の日のお花はどんなお花でもいい

このように、アメリカで始まった父の日の由来から、父の日の花は「バラ」ということになります。

でも、アメリカの父の日には、バラに限らずいろんな種類のお花をプレゼントとして贈る人たちを目にします。正直な所、バラよりも他の種類の花のほうが断然多いんじゃないでしょうか。

また、日本では「父の日=バラ」というのは浸透していませんので、あまり気にする必要はありません。

お父さんの好きそうなお花をあなたが選んであげるのが一番です。

 

スポンサーリンク

父の日のプレゼントとして人気の花は?

バラ

バラが父の日発祥に由来する花だからというわけでなく、どんなときでもプレゼントにおすすめできる種類の花です。

もちろん、日本で父の日のイメージのある「黄色のバラ」は、元気がでる感じで素敵ですね。

 

鉢植えの花

お父さんたちは、切り花よりも鉢植えの花のほうが好きな人が多いです。切り花だと枯れてしまって終わりですが、鉢植えであれば翌年に花を咲かせるなど、育てていけるからです。

お花以外にも、観葉植物系や多肉植物系なんかもおすすめです。

 

プリザーブドフラワー

ずっと枯れないプリザーブドフラワーを贈るのもおすすめ。これなら父の日を過ぎても、見るたびにお父さんは嬉しい気持ちになりますね。

明るくて可愛い色のお花も素敵ですが、青系のお花でアレンジしてあるものなら、男性のお父さんにもぴったりですね。

父の日の花 まとめ

父の日の花は「バラ」なんですね。母の日に押されて、全然広まっていませんが、一応覚えておくといいですね。

でも、だからといってバラを選ぶ必要はありません。父の日のお花のプレゼントはあなたがお父さんのために好きなものを選ぶのが一番です。

そしてプレゼントする時に「本当は父の日の花はバラなんだよ〜」と豆知識として教えてあげましょう。

楽しい父の日をお過ごしくださいね〜!

 

スポンサーリンク

 - 季節の行事